FC2ブログ

なとり

・コッピーはじめました。
akahire.jpg akahire01.jpg
一週間ほど前に、「コッピー」こと「アカヒレ」という熱帯魚を飼い始めました。
右も左も解らぬままですが、とりあえず45cm水槽に10匹ほど飼育しております。
これからつぶさに観察記録をつけていこうと思います。 後ろにゲームキューブ? 知らんなそんなオーパーツ。


どうもお久しぶりでございます、生きてます。谷です。
2ヶ月間ほど留守にしていました……すみません。

今回も例によってお仕事です。デスマというより普通に忙しいだけでした。
こればっかりはどうしようもないやつですね。


・ゲーム製作
ほとんど仕事漬けであまり進んで無いうえにペンタブがいよいよ壊れるという緊急事態に。
来週ぐらいに新調する予定ですがモチベーションの下がり具合がハンパじゃないですねコレは……。
まあ5年ぐらい使ってましたしね。ありがとう、いいペンタブだったよ。

WS000491.jpg
……描き途中のイロリはんに色が着くのがまだ先になりそうです。


WS000493.jpg
Aの方も少しだけ。前回人々を恐怖に陥れた彼女が再びやってくる。

こより「でもホラー映画のリメイクとか続編モノって大抵……」
それ以上、いけない。


・フレンズ達に会いに行こう ~ポプテピピック、まだ5話以降は見てませんよ編~
satsuki12.jpg
仕事からの現実逃避、フレンズ達に癒されようシリーズ。
今回はガッツリ時間を取って遠征ではなく、地元の魅力再発見!というローカル番組さながらのスタイルで敢行してみました。
そんな訳で日本で二番目に小さいと言う、五月山動物園を訪れてきました。

satsuki01.jpg
エミューです。エサもあげられるそうです。
まさにエミューズメントですね(えぇ?)

satsuki02.jpg satsuki03.jpg
黒アルパカさん。黒いのは初めてお目にかかりました。ものっそい2Pカラー感。

satsuki04.jpg satsuki05.jpg
立った!ワラビーが立った!
よく聞くワラビーという名前ですが、実は中型のカンガルー全般を便宜的にワラビーと呼んでるだけなんだとか。
動物の名前って本当にそんなんばっかですね。

satsuki06.jpg satsuki07.jpg
satsuki10.jpg
五月山の目玉と言えばやはりウォンバットですね。
「ウォンバットだぁぁ!」 「かわいいぃぃ!」というどこぞのクソアニメのやり取りが聞こえてきそうです。
こんなナリですがコアラに近い種族らしいです。

顔つきは割りと……こう……味のある顔をしています。(言葉を選びました)
人懐っこいのか私が移動すると合わせて近付いてきてくれました。まあ気のせいかも知れませんが。

satsuki11.jpg satsuki08.jpg
子ども達のアイドル、羊と山羊です。
最近知ったんですが山羊って木に登るんですね……。崖を登るのは知ってましたが。
10話のキリンさんの推理は間違っていなかったのである。


と言う訳で五月山動物園編でした。
さすがに日本で二番目に小さいと言うだけありますね。じっくり見ても滞在時間20分も無かったです。
多分、歩きながら見ていくだけなら3分も掛からないんじゃないでしょうか。
皆さんの思い描く「近所の公園」のイメージより小さいですよアレ。

ただこんな公園が近くにあったら楽しいだろうな、とは思います。入園料も無料ですしね。
散歩がてら、ウォンバットやワラビーを見られる環境。ちょっと魅力的です。

しかし、こうなると日本で一番小さな動物園も気になってきますねぇ……。
福井県は鯖江市にあるそうです。鯖江と言ったら……春菜、落ち着きなさい。


・コメレス
続きからです。

続きを読む

ピキ男

あけましておめでとうございます風邪引きました。

こんな私ですが今年のおみくじは「大大吉」でした。 こんばんは、谷です。
年末年始のデスマーチも終えた所でまた今年もやって行きます。


・ラクガキの詰め合わせ。

2017年に描いたラクガキの詰め合わせギフトになります。
関西にしたって一足遅いお歳暮です。


・アズールレーン
azul14.jpg
グナイゼナウがデナイゼナウになる呪いを解き、ようやく念願の鉄血艦隊を組めました。
ドイッチュラント様なまら好き。
武装ロリって谷さんの嗜好どストライクです。まあ中身がオッサンだったり、CV:中田譲治の場合は除きますけど。
特殊衣装がなんか幸子に見える所も好き。


・デレステとデレゲキ
deresute52.jpg deresute50.jpg
deresute51.jpg deresute49.jpg
お年玉の無料10連の結果は大勝利と言っていいのではないでしょうか。
被り3枚を含めると7日で合計7枚のSSRを引き当てた事に……今年も谷さんの命は瀬戸際です。

deresute53.jpg
ちなみにスカチケは森久保にしました。
森久保ポエムへのアクセス権が欲しい。


deregeki153.jpg deregeki154.jpg
deregeki156.jpg
劇場は最後までロリ回でした。2期のロリ率しゅごいの。
中でもありすは可愛さが頭一つ出てましたね。スタッフにありすPいるだろ。白状しな。

deregeki155.jpg
このシーンで初めてアニメスタッフを「無能」だと思いました。
男なら常に社会的な死も辞さないぐらいの覚悟で仕事をするべきである。

deregeki157.jpg
またしても魔法が解ける時間が訪れてしまいました。
次のアニメ展開も期待しています。出来ればCM以外でお願いします。


・ゲーム製作

ようやく仕事の方も落ち着いてきたので作業再開しています。
何故かMAP上のキャラがエディタ上で消失する現象が発生したので通しプレイで確認・修正中です。

終わったら全体的にくすぐりシーン足りない所におつまみ程度のシーンを追加していきます。



・クソアニメ(褒め言葉)
popute01.jpg
ゴールデンカムイ楽しみっすね。ところでナナチはちゃんと返したのか。


・コメレス
続きからです。

続きを読む

谷ツ崎ニセルソンの地球博

・アズールレーン
azul13_20171222180940431.jpg azul12_20171222180939ca8.jpg
まだ加賀を掘れてないのに夕立・摩耶の方が先に出てきてしまいました。
物欲センサーに冬休みは無いらしい。

私にも無いです。


こんばんは、谷です。
グーグル先生、クリスマスの倒し方を教えてください。目潰しとか有効ですか。


・ゲーム製作
WS000481.jpg
文章主体で催眠音声のようなエロシーンは作れるのかどうかという実験。
じゅっぽじゅっぽ系の効果音鳴らすのもいいかも。
新敵の使う技ですが、普通にレイラさん(ドリアード)の新技でもいいかも知れない。

……しかし戦闘エロの飛ばし機能は作っといてよかったです。
テンポすごい悪くなるシーンが多いもん今回。


・しん   げき
deregeki138.jpg deregeki139.jpg
24話。いろいろ暖かそうなかな子からスタート。
かな子の私服は可愛いのが多いですが、中でもこの時の服がダントツだった気がします。
次点でSWNの時。

deregeki140.jpg
続いてはビジュアルモンスター・アーニャ。スノーグローブがよく似合います。
そう言えば彼女道民でしたね。小樽とかあの辺に住んでそうなイメージ。

deregeki142.jpg
「スパシーバ…感謝です。だからプロデューサー……」

deregeki141.jpg
「闇に飲まれよ、です」ゲェーン
蘭子。怒らないからこっち来なさい。蘭子、ほら。

deregeki143.jpg deregeki144.jpg
最後は大天使チエリエル。雪の結晶ってそんなに溶けずに手に残るものなんでしょうか。
前回の雪だるまもそうでしたがほぼ雪の降らない大阪育ちなもので、その辺り全く解らないんですよね。

Pのビジュアル……僅かなシルエットのみですが、髪型は武内Pっぽい感じですね。


deregeki145.jpg deregeki146.jpg
deregeki147.jpg
25話。ザ・クリスマス回。
嬉しそうに悩むあーちゃんにほっこりする。
24話25話と比較的キレイな回が続きますね。まあ23話がハメ外しすぎてましたしね。

deregeki148.jpg deregeki149.jpg
サンタ杏に妙なフェチズムを感じます。
完全にお母さんなきらりの立ち振る舞いにもフェチズムを感じます。
私はパパになりたい。

deregeki150.jpg
ラストは川島さん。やっぱり彼女ははっちゃけてる時が一番カワイイ。

deregeki151.jpg
と思ったら急に真顔・マジトーンで独身女の寂しさについて語るというね。でもわかるわ。
サービス開始当初はアナタよりずっと年下だったのに今では年上になってしまいましたよ川島さん。
なので結婚してください。

何故か関係ないところでダメージを受けてるウサミンについてはスルーします。私は優しいので。

deregeki152.jpg
満面の笑顔。
当ブログでは全国津々浦々の独身男性・独身女性を強く応援いたします。メリークリスマース!

あぁいよいよ来週で最終回かぁ……今回もあっという間だったなぁ……。
三期も期待していいんですよね!もしくは劇場版!
何でもいいからアニメで動くシンデレラガールズ達をサンタさんにお願いしてきます。



6:00
起床。

7:00
大阪難波駅到着。

8:00
電車内で朝食。テーブルの存在に気付かず必死で二段の弁当箱を持ちながら器用に食べる。

9:00
前日の疲れから少し仮眠する。

10:00 

nagoya01.jpg nagoya02.jpg
名古屋到着。


・フレンズたちに会いに行こう ~名古屋遠征編~
15、16、17と久しぶりに連休がいただけたので、
まあ明日の事気にしないなら遠征に行けるかなと名古屋まで出向いてきました日帰りで。

片道2時間程だし行き8:00帰り20:00のスケジュールで行けば余裕やでと思ってましたが、
予想外にタイトなスケジュールになってしまったので、その道中を詳らかに記していこうと思います。
長いよ。


10:30
nagoya03.jpg
第一の目的地、東山動植物園到着。
入場者数では上野に次ぐ第二位、飼育されてる動物の種類数では日本一というまさに最大規模の動物園です。
近畿を制覇した今の私の実力なら充分に戦える相手と言えるでしょう。現在の私なら烈海王にだって勝てる!

nagoya06.jpg
まず最初にお目にかかれたのはインドサイ。
丸まってると公園の置物のようにも見えます。置物じゃないよね?

nagoya07.jpg
マレーバクです。この直後、例の後ろに飛ぶスプラッシュを目撃しました。
ガラス無かったら確実に直撃してたってぐらいの飛距離でしたね。
しかもノーモーション。だから気をつけようがねえって。

nagoya08.jpg nagoya09.jpg
東山の素敵ポイントとしては動物達が寝床と運動場を自由に往復できるようにしている所でしょうか。
動物達のストレスを最大限無くそうと試行錯誤しているのが伺えます。

nagoya10.jpg
コツメカワウソです。動いてない所を撮るのは初めてかもしれません。IQ高そうです。
今回ばかりは「わーい!たーのしー!」とは言わないようにします。(言ってる)

nagoya11.jpg nagoya13.jpg
目玉の一つ、アジアゾウ舎。その名も「ゾージアム」
屋内の施設ではエサやフンの量などが解説されていたりこれでもかと言うほどアジアゾウを堪能できます。
母娘の表情が良いですね。ナイスポーズ。

nagoya12.jpg
シカでした。
谷さん旅行運だけはあるので、この日は本当に雲ひとつ無い晴天でしたが、
スマホの低性能カメラにとっては仇以外の何者でもありませんでした。
隣で一眼を構えるオジサンが少し羨ましくなりましたが、本格的にカメラ趣味に走るつもりはないのでこのぐらいでもいいかな……。

nagoya14.jpg
ライオンです。ここではオスが2頭メスが1頭がいるのですが、展示は交代制なのだそうです。

nagoya15.jpg
「階段を登ってる最中の斜面」というやたら観察しにくい場所にカモシカがいました。
アップダウンがやたら激しいのも東山動物園の特徴の一つです。軽い登山気分を味わえます。
運動不足のオッサンにはキツい。

nagoya16.jpg
スマトラトラです。韻を踏んでる訳ではありません。

nagoya17.jpg
暫く観察していると後ろを向いてくれました。凛々しい。
さらに次の瞬間……。

nagoya18.jpg
オーキド博士がやたらぬるっとした口調で評価してくれそうな写真が撮れました。スゥバラシィィ!!
谷さんの撮影技術は間違いなく上がってますね。

nagoya19.jpg
続いてクマ舎。マレーグマです。動物界のアン○ールズ田○みたいなヤツですね。
屋上から俯瞰で、屋内から間近で観察できる面白い施設でした。

nagoya20.jpg
ヒグマ様。この近付かれてる感すごい。
最強クマクマスタンプを食らう前に早々に立ち去らねばならない。

nagoya21.jpg nagoya22.jpg
メガネグマです。個体によっては顔の白い模様が目の周りを覆うように見えるのが名前の由来だそうですが、
ここで飼育されてる個体はほぼ全身黒ですね。ラガングマとでもいいましょうか。

nagoya24.jpg
アオサギです。これ飼育されてる個体ではなくただの野鳥です。
実は動物園ではよく見かける光景なのです。エサのおこぼれを狙いにやってくるんですね。
天王寺等ではその数が特にすごい事になってます。園内にコロニーまで形成してるし。

nagoya26.jpg
ホッキョクグマです。外と中のちょうど中間地点でお休み中でした。

nagoya30.jpg
またいました。捕食されるかもしれないと言う恐怖は無いのでしょうか。
まあ日本にホッキョクグマはいませんからね……。

nagoya32.jpg
続いてはインコ舎。……ここは残念ながら網の目が細かく写真撮影しても解りにくかったので、
唯一はっきりと姿が映っていたキバタンのみをご紹介しておきます。
キバタンの目って怖くない?

nagoya33.jpg
コアラ舎。握力が1tあるという噂がまことしやかに流れていますがその辺どうなんですかコアラさん。

nagoya27.jpg nagoya28.jpg
nagoya29.jpg
カリフォルニアアシカズ。
見た目はかわいいですが、声はただのオッサンのゲップです。

nagoya31.jpg
我が物顔かキミは。


nagoya34.jpg
少し休憩、園内の池です。今時白鳥のボートがある池も珍しい……のか?
さすがに冬の平日の朝、誰も乗ってませんね。まあ夏の休日でも乗りたいとは思いませんが。


nagoya35.jpg nagoya36.jpg
nagoya37.jpg nagoya38.jpg
続いては鳥舎です。クジャクからキジからトキからホロホロチョウから何でもござれです。
鳥インフル対策の為、防護網が設置してありましたがこれで防げるものなんでしょうか。
まあ死活問題ですよねえ……。

nagoya39.jpg
鳥舎の外にモモイロペリカンがいました。やっぱり目が怖いな。

nagoya40.jpg
さらにその奥にはダチョウがいました。何故か立ち入り禁止エリアの向こう側に。
紹介文も無いため恐らく展示されてる訳では無いのでしょう。
これも鳥インフル対策でしょうか……?


nagoya41.jpg nagoya42.jpg
ここから日本の森エリア。
ホンドタヌキの皆さんです。動物に会釈する横断歩道。まだ普通に見かけるよねえ。

nagoya43.jpg nagoya44.jpg
キツネです。人に慣れてるのか警戒してるのか、移動するとこちらに着いて来ます。カワイイ。
完全に余談ですがこの前日『落石で片足を怪我したキツネを手当てしたら翌日私好みのムチムチ狐耳お姉さんがやってきて恩返しと称して子作りくすぐりックスを仕掛けてきた』という馬鹿丸出しの夢を見た為か、もしやこれは何らかの暗示ではないのかと文字数

nagoya45.jpg
おっ、前回お会いできなかったツシマヤマネコのエリアですね。
看板に遊び心があります。

nagoya46.jpg nagoya47.jpg
……お寛ぎ中でいらっしゃいましたか。

nagoya48.jpg
ツシマアカネズミです。ツシマヤマネコのとして展示されてました。
さすがにこの個体をそのまま食べさせる訳ではないでしょうが、生きるという事は食べるという事を実感しますね。


nagoya51.jpg
ここらでようやく折り返し地点です。本当に雲ひとつ無くて逆に引きます。
アップダウンの激しさもあり、流石に汗をかき始めました。

時刻は12時を少し回ったところで、大型から小型まで一通りの動物も見たし、
あとは爬虫類館とかくらいだろうし、それならゆっくり見て回れるだろーと思ってましたが、

実は、東山動物園はここからが本番なのでした。


nagoya52.jpg
ここからは食肉動物舎。
まずは「世界一怖いもの知らずの動物」としてギネスにも載ってるラーテルさんです。
硬く柔軟な毛皮はライオンの牙や爪すら通さず、
またその装甲に絶対の自信があるのか、ライオンやヒトに対して自分から襲い掛かると言う、柴千春みたいな精神の生き物です。

と、ここまで「群れなせ!シートン学園」で読んだ知識ですけどね。
ラーテルハンマーは爆笑しました。
WS000483.jpg

nagoya53a.jpg
フェネックゥゥーーー!!!やはり寝姿が可愛らしいですね。
それにしてもスゴイなこの動物園、何でもいますね。

nagoya54.jpg
スナドリネコさんです。何故寝てるのかって?それは秘密です。

nagoya55.jpg
「リアルくどい顔のネコ」、マヌルネコです。
残念ながらすぐそっぽ向いちゃったのでお顔は撮れませんでしたが、ご存じない方は是非画像検索してみてください。
コラかと思うほどふてぶてしい顔が並びます。

nagoya56.jpg
「あ、あれってハクビシン!」

nagoya57.jpg
アライさんです。自己主張激しいのかそうでないのか、紹介文を枕に寝てますね。
そしてフェネック、アライさんとくれば次はもちろん……

nagoya58.jpg nagoya59.jpg
nagoya60.jpg nagoya61.jpg
サーバルちゃんです。スゴイなこの動物園、何でもいるな!
残念ながら日陰から出てくれなかったので写真写りはよくないですが、
起きて動くサーバルキャットが見られたので興奮してます。足の疲れもこの辺で完全に吹き飛びました。

nagoya62.jpg
雪面のハンター、ユキヒョウです。
猛獣らしい表情の割りにヒトを襲う事はほとんど無いそうな。

nagoya63.jpg
ジャガーさんです。これはかなりカッコイイ。
このジャガーさんは「顔がでかくて首が太くて足が短くてずんぐりむっくり」という感じはしませんね。

nagoya64.jpg nagoya65.jpg
nagoya66.jpg nagoya67.jpg
アプリ版けもフレにおける主役級動物、カラカルさんです。すげぇーな、本当に何でもいるな!
長い耳が特徴的ですが、上手い具合に隠れちゃってよく見えませんね。微調整はしたんですけど。


nagoya68.jpg
ここからは動物の楽園、アフリカゾーン。
まずはコビトカバです。その名の通りミニチュアサイズのカバですね。
恥ずかしながらここに来るまでそんな生き物がいる事すら知りませんでした。まだまだ見聞が狭いなあ。

nagoya69.jpg nagoya72.jpg
クロサイとアフリカゾウです。
生物分類ではなく生息域で展示エリアを区分けしてるのが面白いですね。飽きさせないようにという工夫を感じます。

nagoya70.jpg nagoya71.jpg
うっかりカバを見逃す所でした。
ずいぶん長い事潜っていましたね。他のお客さんが気付かなかったら素通りしてたかも知れません。

nagoya73.jpg
オランウータンです。鋭い眼光でこちらを見ています。
賢者感ありますね。力とメダルとオカリナの曲を授けてくれそうです。

nagoya81.jpg
チンパンジーです。
横のちょっと寂れた観覧車がいい味出してます。人類の文明が滅んだ後の猿の惑星感。

nagoya74.jpg
さて、いよいよこの東山動物園の花形に登場していただきましょう。
2年ほど前に話題になりました、イケメンゴリラの「シャバーニ君」です。
彼については私も動物園巡りにハマる前から知っていました。さすがに東山だとは知りませんでしたが。

nagoya75.jpg
キャベツの芯か何かを食べてるだけなのですが、一見するとタバコを吸ってるようにも見えますね。
仕草からしてデキる男オーラが出ています。
そして客がカメラを向けると、

nagoya76.jpg
チラ見します。
……解りにくい?では別角度から見てみましょう。

nagoya77.jpg
タバコを吸ってます。

nagoya78.jpg
チラ見します。

nagoya79.jpg
今度は正面から見てみましょう。
タバコからの

nagoya80.jpg
チラ見。
なんだこのゴリラ。


nagoya82.jpg nagoya83.jpg
ここからはツル・キジ・猛禽類舎。アンデスコンデルです。
現生の飛ぶ鳥としては最大の生物ですね。立ち振る舞いも何やら優雅です。
サイモン&ガーファンクルの歌が聞こえてきそうです。

nagoya84.jpg
ニジキジです。色合いが大変美しいですが残念ながら日陰でした。
晴天よ、ちょっとでいいから自重してくれ。

nagoya85.jpg
セイランです。鳳凰のモデルになった鳥ですね。
クジャクのような派手さは無いですが、彼らが羽を広げた姿もとても圧巻ですよ。

nagoya87.jpg
タンチョウヅルです。密集系画像が苦手な人は、頭頂部を画像検索しない方がいいですよ。
……私も頭のアレはずっと毛だと思ってました……。


nagoya88.jpg
アメリカゾーンに突入しました。地球一周する勢いですね。
まずはオグロプレーリードッグからであります!

nagoya89.jpg nagoya90.jpg
王子動物園の時はピンボケでしたからね。思いっきり近付いて撮りました。
3枚目は何かこう……ワンパク坊主の横顔に見えてきました。

nagoya91.jpg nagoya92.jpg
アメリカバイソンです。バッファローと呼ばれる事も多いですが、アレ本来は水牛の事だそうですよ。
それにしても大きい。その気になれば柵ぐらいブチ破れそうだな。

nagoya93.jpg
シンリンオオカミです。もう犬でいいんじゃないかな?
昔飼ってたウチの犬がよくこんな感じで寝てましたよ。

nagoya94.jpg
こちらは黒いオスの個体。黒森さーん。
別にオスだから黒い訳じゃなくあくまで個体差だそうです。犬と一緒ですね。

nagoya95.jpg
トナカイです。そろそろ赤いヒゲオヤジにこき使われる季節ですね。

nagoya96.jpg
カナダヤマアラシです。思った以上に見た目がタワシでした。

nagoya97.jpg
アメリカの国鳥、ハクトウワシですね。ワシじゃよ。
国花や国鳥だけでなく、「国菌」なんてのももいるんですねえ。
ちなみに日本の国菌は麹だそうですよ。醸されるねえ。

nagoya98.jpg nagoya99.jpg
アメリカビーバーッス。今回も接写に挑戦。

nagoya100.jpg
未亡人を生み出す事に定評のあるオオアリクイさんです。(風評被害)
見事に風景に溶け込んじゃってます。お暇な方は探してみてください。

nagoya102.jpg
シンリンオオカミ再び。やはり歩いてる姿は犬のそれとは違いますね。尻尾とか巻いてませんしね。


nagoya103.jpg
今度は夜だ!続きまして夜行性動物舎です。
キンカジューさんです。パリス・ヒルトンに噛み付いた事もあるロックなヤツです。
りーな、よしなさい、りーな。

nagoya104.jpg
ミツオビアルマジロです。転がって行きそうな見た目。

nagoya105.jpg
チンチラです。ポケモンにもいましたね、チンチラポケモン。
あの世界にチンチラがいるって事なんでしょうかね。

nagoya106.jpg nagoya107.jpg
nagoya108.jpg nagoya109.jpg
ハリネズミ?いいえ、ハリモグラです。
動いてる姿が見られればラッキーと書かれてました。や、超動いてますが。

nagoya110.jpg
ショウガラゴです。ネコに見えますがサルの一種。
『大草原の小さな天使』ですね。うわぁ懐かしい。ヒロインが可愛かったのは覚えてます。

nagoya113.jpg
ミナミコアリクイです。動き回ってなかなか撮らせてくれませんでした。
その様はさながら「なんだよぉ!あっち行ってよぉ!」と言っているかのようでしたね。

nagoya115.jpg nagoya116.jpg
ツチブタです。横向きと正面では「君、なんか写真と違くない?」レベルですね。
これがパネマジっちゅーやつや。

nagoya117.jpg nagoya118.jpg
ネズミカンガルーです。カンガルーのようなネズミではなく、ネズミのようなカンガルー。
動きは完全にカンガルーのそれです。

nagoya119.jpg
コジャコウネコさんです。
そのフンからコピ・ルアクなるコーヒーが作れるのだとか。ケモナーでスカ○ロとか業が深過ぎる。


nagoya120.jpg
自然動物園、つまり爬虫類館。
ナイルワニさんに出迎えられました。

nagoya121.jpg nagoya122.jpg
nagoya124.jpg nagoya127.jpg
nagoya128.jpg nagoya129.jpg
nagoya130.jpg nagoya131.jpg
nagoya132.jpgnagoya134.jpg
好きな人にはたまらないワニ・ヘビ・トカゲ!
しかしながら焦って名前を押さえるのを忘れてたので、一部を除いてどれがどれだか解らなくなってしまいました。
スマホの充電がこの時点で10%を切ってたのが原因ですね。バッテリーを持ち歩かないからこうなる。

まあ切れたら切れたで写真に残せなくても仕方ないなと途中から潔く覚悟を決めました。

nagoya133.jpg
銭湯のオッサン再び。

nagoya126.jpg
左がアカダイショウ、右がアオダイショウです。
アカダイショウなんて初めて聞きました……。

nagoya123.jpg
視線を感じます。またえらい可愛いですね。
心なしか口元も笑ってるようにも見えます。嘲りじゃないよね。

nagoya136.jpg nagoya137.jpg
nagoya138.jpg nagoya139.jpg
ど根性タートル。自力で起き上がる所は初めて見ましたね。
直後に岩を登ろうとしてまたひっくり返ってましたが。セルフ無限ループ。

nagoya142.jpg nagoya143.jpg
nagoya144.jpg nagoya147.jpg
爬虫類がいれば両生類もいます。
右下の彼はトマトガエルだったかな。子どもが名前をつけたかのような解り易いネーミング。

nagoya145.jpg nagoya146.jpg
と思ったらどう見ても両生類には見えない生き物が何故かいました。
ワタボウシタマリンと言うサルです。何故こんな所にいるのかは解りませんでした。

nagoya148.jpg nagoya149.jpg
自然動物館の奥はワニ園のプロムナードになってました。
ナイルワニさんを上から撮影。今地震が起きたら私死ぬなあ。

nagoya150.jpg
ミシシッピーワニ様です。この光沢具合が凶悪過ぎる。
人を食った経験があっても驚かない。

nagoya151.jpg
外に出て初めて、やたら高い所まで登ってきていた事に気付きました。
ちょうど向こう側がアップダウンがキツイ、と嘆いていたカモシカ舎辺りですね。
動物園は若返るなあ。

nagoya152.jpg nagoya153.jpg
nagoya154.jpg
いよいよラストです。猛禽舎から別ルートへ。
クロコンドルとヒメコンドルです。

nagoya158.jpg
ワオキツネザル。
やはり日曜大工のような佇まい。絶対ビール持ってるだろう出しなさい。

nagoya160.jpg
マンドリルさん。大型の霊長類はどこか賢者のような風格があります。

nagoya161.jpg
ラストです。絶滅危惧種フクロテナガザル。
訴えかけるような表情で私の方を見つめていました。守ろう自然。

nagoya162.jpg
と言う訳でずいぶん長丁場になりましたが東山動物園編はこれにて終了です。
流石に日本最大級の広さを誇る動物園だけあって、3時間かけても全てを回りきれないほどの規模でした。
しかも現在新たに建設予定のエリアや、今回見逃してしまったエリア、立ち入り禁止だったエリアもまだまだあり、
恐らく全てじっくり見ようとすれば半日は掛けないと無理なんじゃないかと思います。

(また今回は動物園だけの紹介でしたが、正式名称は「東山動"植"物園」でもあり、
 動物園のほぼ倍の面積の植物園がまだあるんですよね……。ひぇぇ)

飼育されてる動物の種類も今まで巡ってきた動物園の比ではありませんでした。
種類数や規模で優劣が決まる訳ではありませんが、流石にあまりのボリュームに圧倒されてしまいましたねー。
おまけにこれだけの規模で入園料は僅か500円という……。いくら公営とは言えそれだけで賄えるもんなのでしょうか。
私の投資が巡り巡って動物達の為になるのならば、もっと高くても惜しくは無いと思いますね。



14:00


nagoya163.jpg
名古屋港到着。山から海へ、もう節操ねえな。

・うみのいきもの ~名古屋港水族館編~
名古屋駅まで戻ってビッグカメラで充電したあと、ここまでやってきました。
名古屋の地下鉄に翻弄されっぱなしでしたね……。特に名古屋駅。なんだあの人の量は。

nagoya164.jpg nagoya165.jpg
nagoya166.jpg nagoya167.jpg
さて、まずはシャチの公開トレーニングから。
トレーニングという事でショーとは違いますが、シャチの巨体がジャンプしたり前列への水の飛び具合がハンパではなかったりと、
実に壮観ではありました。前の人ら風邪引かないといいですが。

nagoya168.jpg nagoya169.jpg
nagoya170.jpg nagoya171.jpg
nagoya172.jpg nagoya174.jpg
トレーニングが終わればシャチ3頭がすっぽり収まるほどの巨大水槽へ。何だろう、ずっとここに居られる気がします。
目の前で泳ぐシャチを目の当りにしたこの感動はどう形容していいものか解りません。
泳ぐシャチを生で見ることは私の夢の一つでしたからね。

水族館におけるシャチの飼育は非常に大変だと思いますが、是非とも頑張って頂きたいものです。

nagoya173.jpg
カマイルカさんです。相変わらず気品のある泳ぎ方をします。
おかげでブレるブレる。いつかカマイルカをブレずに写真に収める事が私の夢です。(増えた)

nagoya175.jpg nagoya176.jpg
イルカ界のメジャーリーガーバンドウさん。特にゆでたまご好きという訳ではない。

nagoya178.jpg nagoya179.jpg
nagoya180.jpg nagoya181.jpg
ベルーガさんです、別名シロイルカ。泡で輪っかが作れる小粋なイルカです。
本当に常に笑ってるような表情がなかなか可愛らしい。うへぇ。


nagoya183.jpg
ここから日本の海へ。マイワシトルネードです。
合体して巨大なイワシになるヤツですねコレ。フグ鯨かな。

nagoya185.jpg
一度見たら忘れられないインパクトがありますね、オジサンです。(違うって)

nagoya187.jpg nagoya184.jpg
海に行きたくなります。実は谷さん泳ぎは得意なんだけど、披露する場が無いという。
来年の夏ぐらい女の子と海水浴に……無理かなぁ。

nagoya188.jpg
アユの中に一匹だけボラが混じっているそうです。
にわかの私では到底無理ゲーだろうなー……

nagoya189.jpg
あ。いた。
まあこれが本当にボラなのかどうかが私には判断できないんですけど。

nagoya190.jpg
漢字では「垢穢」と書く冬の味覚。クエです。
「クエをたーんと食えー……なんて、ふふっ」 楓さん帰りますよ。

nagoya192.jpg
サカサクラゲです。温泉マークのような形状ですね。楓さん帰りますってば。

nagoya194.jpg
ホッケかな?ホッケの塩焼きは大好きです。
昔は安かったんですけど、最近やたら高くなってますよねえ……。

nagoya195.jpg
オオカミウオです。どの辺りがオオカミなんでしょうか。
一匹狼だとかそういう由来じゃあるまいな。


nagoya197.jpg nagoya198.jpg
潜り潜って深海へ。私はやはり訪れるのなら宇宙より深海です。
まあ宇宙でもタコは見れるかも知れないけど。ウェルズ的なヤツが。

nagoya199.jpg nagoya200.jpg
イガグリガニです。毛ガニから何らかの進化を遂げたのでしょうか。
こういうのに限って意外と美味しかったりするんですよね。
それ言ったらそもそもカニがそうだって話ですが。どれだけ腹減ってたらアレの中身を喰おうと思うんだろう。

nagoya202.jpg
チョウチンアンコウの標本ですね。
オスは交尾を終えたあとメスの体内に吸収され、その身の一部になるそうです。DLsiteとかでゴロゴロ転がってそうな話やな。
君の膵臓になりたい。きっと感動大作だねえ。

nagoya201.jpg
リュウグウノツカイ!……のCGでした。
世界には実際に見られる水族館もあるんでしょうか? まず生きた状態での発見自体が難しそうですが。
いつかは生きて泳いでる姿を見てみたいですね。

nagoya203.jpg
ウミグモです。完全にフェイスハガーだこれ。
やっぱりエイリアンは宇宙にはいませんね。ヤツらは深海に潜んでる。

nagoya204.jpg
ツノハリセンボンです。また未知の生物を発見してしまいました。
今回は私の愛するハリセンボンを残念ながら収められなかったので、彼で押さえた事にします。


nagoya205.jpg nagoya206.jpg
続いて赤道の海、グレート・バリア・リーフへ。こういう「見上げる水槽」が大好きです。
2枚目のまるでスペードを横向きにしたかのような形の魚がいいですねえ。

nagoya207.jpg nagoya208.jpg
nagoya212.jpg
ナポレオンフィッシュさん再び。南国の魚達は形状がユニークでいいですなあ。

nagoya209.jpg nagoya210.jpg
おっ、イシガキフグ君ですね。もはや確認するまでもありません。
ところでハリセンボン君は見なかったかい。

ちなみにこのイシガキフグ君、なんとあのさかなクンさんから寄贈されたのだそうです。
私もイシガキフグかハリセンボンを飼ってみたいですねえ。難しそうですけど。

nagoya213.jpg
カクレクマノミのメリークリスマス。私は今年も一人です。
いいんだ、生き物が見られればそれで幸せなんだ。

nagoya214.jpg
触手感マシマシのチンアナゴ。チンアナゴって日本の海にもいるんですね。ちょっと意外。

nagoya215.jpg
オオシャコガイ。世界最大の二枚貝です。
ブラックジャックで見たっけなあ、これに足挟まれて溺れそうになる話。ちょっとトラウマです。

nagoya216.jpg nagoya217.jpg
nagoya218.jpg
谷さんの青い珊瑚礁。……こんな海泳いでみたいですね。
大阪の海はそりゃもうキレイな緑色だからなあ。ヘドロの海じゃないんだから。


nagoya219.jpg
ついに谷さんの『生きもの地球紀行』もラストを迎えました。
いよいよ南極、ペンギン水槽に到着です。思えば遠くに来たもんだ。

nagoya220.jpg
アデリーペンギンです。左の彼女いいですねえ、どこ見てるんだ。

nagoya221.jpg nagoya222.jpg
nagoya223.jpg
トビウオの如く泳ぐジェンツーペンギン達。さながら魚雷です。速いの何の。

nagoya224.jpg
そんな彼女らも陸上ではペンギン歩き。ギャップがいいですね。

nagoya226.jpg nagoya228.jpg
nagoya227.jpg nagoya229.jpg
顔が白いのが"ヒゲペンギン"です。初めまして。
奥の方にはヒナもいたんですが、流石に撮らせてはくれませんでした。

nagoya225.jpg
「コウテイペンギン、コウテイだ」 ようやく会えました、コウテイペンギン(エンペラーペンギン)です。
立ち振る舞いも威風堂々という感じでいいじゃないですか。まさしく皇帝の風格ですね。

そしてこれで9種類目、日本で見られるペンギンも残るは2種、マカロニペンギンとコガタペンギンのみ。
現在では2種類を同時に見られる場所は「長崎ペンギン水族館」しかないようです。
これは次の遠征先は長崎になるのでしょうか……。流石に長崎は日帰りじゃ無理だなあ。

nagoya231.jpg
名古屋港に日が沈む。そんな訳でうみのいきもの ~名古屋港水族館編~でした。
やはり何と言いましてもシャチの圧倒的な存在感とインパクトが今回のハイライトですね。
海における生態系の頂点に君臨する生き物として、恐ろしいエピソードばかりが溢れていますが、泳ぐ姿は優雅そのものでした。
小さい頃にフィリー・ウィリーを観た時と同様、完全に魅せられてしまいましたね。

またショースタジアムは軽く野球場並みの広さがあったり、館内には何故か映画館もあり、
「ライフ いのちをつなぐ物語」という生きものドキュメンタリー映画が上映していたりと、(もちろん観てきました)
施設そのものの規模もかなり大きかったですね。
ただ一つ一つのエリアが巨大な為、じっくり観てもそこまでの時間はかからずに全てのエリアは回れると思います。
逆に言うと今回私がハリセンボンを見逃したように、生き物一匹単位で見るとなるとなかなか見つけられないという事態になってしまうのですが……。(そもそも飼育していないという可能性もありますが)

でも最終的には来て良かったと、そう思える水族館であった事は確かです。
また一つ生命のロマンに触れたと言っていいのではないでしょうか。


・余白
nagoya233.jpg
名古屋のビッグカメラのキャラクター、左の子がなんか垢抜けた森久保に見えるなぁ……と思ってたのですが、
帰宅してから公式サイトを見てみると、



nagoyagate2.png
幸子+森久保だわコレ。


nagoya234.jpg
そんな訳で名古屋遠征編終了です。
長々とお付き合いいただきまして本当にありがとうございました!

さて今年から始まったこのフレンズたちに会いに行こうシリーズ、この"遠征編"は準備と休みの調整に時間がかかるので、
おそらく次回は半年ぐらい先になるかも知れません。
また長々とただただ私が興奮してるだけの記事になるかとは思いますが、その時は暖かく見守っていただけたらと思います。

ではまた。


・コメレス
続きからです。

続きを読む

起源はS、興亡はN、道のりは……

・アズールレーン
azul12.jpg azul13.jpg
現在の第一・第二艦隊。今は正確には瑞鶴の所に赤城がいますが。
全員ほぼレベル100まで引き上げても8-4ぐらいになるとオートで星取るのはキツイですね。

ちなみに全員とケッコン済みです。重婚ってレベルじゃねーな。


こんばんは、谷です。金ブリが欲しい。


・ゲーム製作

WS000468.jpg
戦闘セリフ部分の完成に向けて作業してます。
スクリプトの兼ね合いで作業量がほぼ倍に跳ね上がってるけど仕方ないね!

まだ作業は残ってますが、全ての作業がひと段落したらテストプレイの段階に入ろうかと思っております。


・シンデレラガールズ劇場の話
今回もまた更新が空いちゃったので3話まとめての感想で行きます。
まずは21話から。

deregeki99.jpg deregeki100.jpg
deregeki101.jpg deregeki102.jpg
懐かしのCD第7段回。ニナちゃん七変化。キャカスの気持ちになるですよ!
ニナデリカ可愛い。持って帰りたいです。(事案)

deregeki104.jpg deregeki105.jpg
deregeki106.jpg deregeki107.jpg
こちらはCM6期生のメンツ。
奈緒→『ミラクルテレパシー』、輝子→『花簪』、紗枝はん→『薄荷』、ユッコ→『2ndSIDE』を、それぞれ歌うシャッフルネタ。
シャッフルはアニメBDの特典CDでCPのメンバーがやってましたが、
これをきっかけにもっと色んなアイドルのシャッフルソングを出してくれないかなーと思う。

deregeki108.jpg
ちなみにオチは加蓮→『毒茸伝説』
原作ではここで終わってましたがちゃんと次回予告で歌ってくれました。サビ前に倒れそう。

deregeki109.jpg deregeki110.jpg
ラストはCM8期生。
またもやハメられる橘氏(善意だけど)。まあしきにゃんと周子がいる以上しょうがないね。

deregeki111.jpg
8期生のメンツはVi値にステータス振りすぎだと思うの。
あっ、早苗さんはDaかな。ほらあの、お立ちd


deregeki112.jpg
続いて22話。熊先生とるるきゃん待望のロリ回ですね。
さらっと雪だるま作ってるけどここ都内ですよね……? 雪だるま作れるほど積雪するの?

deregeki113.jpg
はくちゅい!かわいい。かわいい。真正面で受け止めたい(事案)(二回目)
これが噂のロリベホマというヤツですね。

deregeki114.jpg
さらっと原作に無いシーンを入れてくスタイル嫌いじゃないぜ。
作者からスタッフから声優からロリコンばっかりじゃねーか!

deregeki115.jpg
続いては千枝ちゃん。おねシン口ずさんでますね。
早く彼女もCDデビューさせてあげて欲しい。一番最初のサプボ枠ですしね。

deregeki116.jpg
ママ候補一覧。
左から酒豪、守銭奴、未亡人(違う)なんですがそれは……。

deregeki117.jpg deregeki118.jpg
「すげー!あみものはえー!」何度も脳内再生した名セリフですね。
年相応に照れる千枝ちゃんが可愛い。やっぱり合法でお願いします。(ダメ)

deregeki119.jpg deregeki120.jpg
ラストはありす。撫でられて膨れる所が彼女らしくていいですね。
いたいけな彼女を年上好きにしたPの功罪は大きい。責任取って結婚しないと(事案)(三回目)


23話、サブタイトルは「おやまの回」
もうサブタイから嫌な予感がバシバシしてましたが、いざ蓋を開けてみると……。

deregeki122.jpg
何でいきなり声ついてんだ棟方ァ!
という訳で劇場アニメ、サプライズボイス枠はまさかの淫獣・棟方愛海師匠でした。予測できるかこんなん!

まぁ師匠を自由にしておいた方がギャグパートの幅はグッと広がりますからね。
これでヘレンさんまでボイスついたらいよいよ収拾つかないけど

deregeki123.jpg
「標高」はさすがに草。
公開プロフィールとは言え、こんな形でバストサイズを晒すのは無慈悲にも程が。

deregeki124.jpg deregeki125.jpg
deregeki126.jpg
メガネキチVSおやまキチ。
はるにゃん相手にドローに持ち込める師匠も結構凄いと思う。

deregeki127.jpg
2戦目はISDN肇ちゃん。
肇ちゃんに「たゆん」とさせるのは罪悪感が半端じゃないです。

deregeki128.jpg
背後からの殺気を感じつつ先手を取ってケンセイ!
これがフジワラ流、ツチイジリ・ジツ!

deregeki129.jpg
「指の運動」の提案をあっさり快諾する肇ちゃん。
師匠の顔はもはやアイドルのそれではありませんね。

deregeki130.jpg deregeki131.jpg
知ってた。
ろくろを回す師匠の姿に、実況版で怒涛の水曜どうでしょうレスが流れただろう事は想像に難くない。
???「ここでお前のパイ生地練ってやろうか」

さあ果たして三番勝負の最後の相手は―――?

deregeki132.jpg
知ってた。
歩く度にたっぷんたっぷん揺れてますね。DOAのキャラじゃないんだから。

deregeki133.jpg deregeki134.jpg
師匠の正面突撃にも、「それで愛海ちゃんが満足なら」とあっさり受け入れてくれる雫。天使か。
ぼっ、僕もいいですかっ!(便乗)

deregeki135.jpg deregeki136.jpg
しかし寸前で超持論を展開し、据え膳食わずに去っていくと言うまさかのオチに。
おぉ……言ってる事は9割方解らなかったけど男らしいです師匠!自分に勝て、愛海!

いやぁ、まさかのサプボ、オリ回と華々しいデビューを飾った棟方師匠回でした。
今後の活躍にいろんな意味で期待しています。……アップルに目をつけられない程度でね!

deregeki137.jpg
新EDはパッションで冬ソング。あんきら以来のヒゲドライバー先生作の曲でしたね。
大も小も兼ねるメンツでした。いろんな意味で。


・フレンズたちに会いに行こう ~京都編 新・丸竹夷~
実は前々から企画していた動物園・水族館巡りの遠征の準備を進めておりまして、
すでにチケットを取ったりスケジュールを調整したりしている中、ふと頭によぎった事があった訳ですね。

果たして足元を固めぬままに、遠征に赴いてもいいものか、と。
まずは地元でそれなりの実績を重ねてから遠征に向かうべきではないのか、と。

ikimono51.jpg
と言う訳で行ってまいりました、「フレンズたちに会いに行こう ~京都市動物園編~」でございます。
まあ、ただ単に行きたかっただけですね。いつものコトです。

ikimono53.jpg ikimono54.jpg
いきなりアジアゾウにお出迎えされました。
いや出迎えられてると言うよりこれは……

ikimono55.jpg
見せ付けられてる!見せ付けられてるよ!このリア獣どもめ!
当てつけか!独りで来た私への当てつけか!

ikimono56.jpg
続いてはアカゲザルです。またも見せ付けられてます。
なんだこの動物園は。リア獣の巣窟か。

ikimono52.jpg
エミューです。人一人くらい乗れそうですよね。
トークンを3つ集めるとボーナスステージへ行けそうです。アレはダチョウだったか。

ikimono58.jpg ikimono61.jpg ikimono62.jpg
左からボールニシキヘビ、ミルクヘビ、ミドリニシキヘビです。
MGS3でパラメディックがミドリニシキヘビを「キレイ」と評していましたが、確かに驚くほど鮮やかな緑色でした。
ちなみに、生まれたばかりの幼体は黄色かったり赤かったりするのだとか。

ikimono64.jpg
究極にリラックスしているグリーンイグアナです。
スーパー銭湯の休憩所とかで、こんな感じで寝てるオヤジよく見るなあ……。

ikimono65.jpg
ヨツユビハリネズミです。
ハリネズミと言えば防衛の際、毛を逆立てるイメージがありますが、完全に球体の状態になる事もあるそうな。

ikimono66.jpg
最大のコウモリ種、オオコウモリです。さすがにこれだけでかいと威圧感ありますな。
小さいコウモリと違い反響定位(エコーロケーション)は使えず、視力に頼って狩りをするそうです。

ikimono67.jpg ikimono68.jpg
ブラジルバクです。「うしろに尿を飛ばすのでお尻を向けたら注意してください」という注意書きがなんともシュール。
アルパカのツバといい、果たして注意してどうにかなるもんなんでしょうか。

ikimono69.jpg
ケープハイラックスです。ネズミに見えますが実はゾウに近い種だそうですよ。

ikimono70.jpg
オナガゴーラルです。日本ではここでしか見られないそうです。

ikimono71.jpg ikimono72.jpg
ハヤブサ先輩。食事中に失礼。
生肉をワイルドに喰いちぎる様は実にロックです。りーな、閃いたって顔やめなさい。

ikimono74.jpg ikimono75.jpg
ホンドタヌキとホンドギツネです。
実はタヌキって元々極東にしか生息していない珍しい生き物なんだとか。
大阪でもちょっと郊外に行けば普通に見られるんですけどね。キツネは……見たことないなあ。

ikimono76.jpg
オオタカ師匠。生物分類学上、タカとワシに違いはほぼ無いとの事ですが、
イルカとクジラ、蛾と蝶もそうだと言いますし、名前の篩い分けって案外穴だらけですよね。

ikimono77.jpg
アカハライモリです。イモリってそんなに見かけないよね。

ikimono78.jpg
ツキノワグマです。見てる間ずっと動き回って遊んでましたが、ちょっと離れてから振り返るとぐでっと休んでました。
中々サービス精神に富んでますね。

ikimono79.jpg
Mr.ニシゴリラです。初めてお会いしますね。
反射で解り辛いですが……。カメラ下手なもので。

ikimono80.jpg
シロテナガザルのシロマティ君です。
奥には黒いクロマティちゃんもいます。関西人らしいネーミングだなぁ。

ikimono81.jpg ikimono82.jpg
今回もっとも見たかった動物、ワシミミズクです。助手ぅ!

ikimono85.jpg ikimono83.jpg
ちなみにこのメスのワシミミズク、名前をなんとミミちゃんと言うそうです。
これは何としてもハカセという名のアフリカオオコノハズクを探さないといけませんね。

ikimono84.jpg ikimono86.jpg
シロフクロウのオスとメスです。お辞儀をするのだポッター。

ikimono87.jpg
フンボルトペンギンズ。
さすがにこの寒さでは水に入る気も失せるのでしょうか。みんな一ヶ所に固まってましたね。

ikimono93.jpg
西日とフラミンゴ。なかなかのロケーションじゃないでしょうか。

ikimono92.jpg
ザ・ミーアキャッツ。ティモンとプンバァ!
なんとなく細いイメージがありましたが、意外と丸々してます。飼育下だからでしょうか。

ikimono90.jpg ikimono91.jpg
フェネック再び。
起きて動いてる所も実に愛らしいです。

ikimono96.jpg
屋外にも屋内にもどこにもいないのでおかしいなーと思ったら
ちょうど二つの展示場を結ぶ通路の中にいたレッサーパンダ氏です。

ikimono97.jpg ikimono98.jpg
ikimono99.jpg ikimono100.jpg
ヤブイヌの群れです。初めて見ました。
抜群のチームワークで水辺から木の枝を引き上げてますね。ヤブイヌ小隊ですな。

ikimono107.jpg ikimono108.jpg
ikimono109.jpg
肉食獣ズ。こちらのライオンは23歳と言う相当なご高齢でいらっしゃるとの事。
飼育下での平均寿命が20年である事を考えると確かにかなりの長生きですね。

ちなみにこのエリアではこの動物園のアイドルであるツシマヤマネコも展示していたそうなんですが……
生憎と今は体調不良の為療養中なのだそうです。残念。

ikimono110.jpg
絶滅寸前種イチモンジタナゴ。特設コーナーにて展示されてました。
乱獲、ダメ、ゼッタイ。

ikimono111.jpg ikimono112.jpg
チンパンジーです。とぼけた顔してとても獰猛な生物です。
縦横無尽にやたらと動き回ってましたね。楽しそうで何より。

ikimono102.jpg
今回のトリを飾るアミメキリンです。なかなかこのアングルから見る事は無いですね。

ikimono103.jpg
巨大物恐怖症の気がある私にとっては、本当はキリンって苦手な動物なんですが(嫌いではないんだけど)
ちょうどいい具合に近付いてきてくれましたので……

ikimono105.jpg
頑張ってこの距離で撮影してみました。近ぇ!怖ぇ!

ikimono106.jpg
ふと後ろを振り返れば東山。
あの山一つ越えればもう琵琶湖なんですよねえ。実感無いなあ。

そんな所で京都動物園編終了です。
「えっ、こんな所にあるの?」ってぐらい街中に位置する、半ば公園のような動物園でした。
京都の動物園や水族館に共通しているのは地域密着型である点、京都府で見られる身近な生き物を多く展示している点、
そして交通の便が妙に悪い点、この3つですね。
……歩いて痩せろという箴言だと思うことにします。

ikimono113.jpg
おまけ、せっかく近くまで来たので蹴上インクラインを歩いて帰りました。迷宮の十字路にも出てきましたねそう言えば。
気分はスタンドバイミーです。死体でも探しに行きますか。


・コメレス
続きからです。

続きを読む

笑い死ぬみゆき

・ハナアルキ指揮官と沈黙の艦隊
azul10.jpg
おっぱい…もといレンジャーさんを改造するため、空母改造図を集めにハードの3-4を周回していた所、
まさかの赤城さんをドロップしました。物欲センサー甚だしいな……。
確率的には1000分の1らしいんですけどね。ハードだと若干ドロップする確率が上がるのかも知れない。

よっしゃーあとは加賀さんだけだーと、そう思っていた10分後。


azul11.jpg
えぇ……?


こんばんは、ヤンデレの一航戦に愛されて眠れない谷です。
赤城さんの育成が終わったら6章攻略しようかな……。


・狂いイクマリア
^3C20B1BB2460A829A6916CDE7F199F1BE99364A40D4303EEE0^pimgpsh_fullsize_distr
特設開場、いただきものイラストのコーナーです。

こちらはスーさんから頂きました、ATMの主人公みゆきさんですね!
スカートを極限まで短くして艶かしい生足を惜しげもなく見せ付けると言う、
スーさんの性癖とみゆきさんのエロさが際立った渾身の一枚ですね!

ポーズもザ・乙女、って感じがいいですねぇ。
しかし表情はまったく余裕が無いところもいろんな想像を駆り立てられます。

タイトルは「笑い死ぬみゆき」だそうです。
可愛らしい絵柄とのギャップが凄まじいですが、大体いつもの事です。

ちなみにどこをくすぐられているのかって?
多分、遠隔操作で全身の感度をですね……。


^67A81B65FD60EA30277F698747F65EC67D6E3077278A49BF9D^pimgpsh_fullsize_distr
もう一枚はクシィーさんからいただきましたマリアさんです!
くすぐり役と四肢を捕らえてる闇属性っぽい存在がいやらしいですね。
胸に線入ってるから全年齢で通じますねこれは。
表情もまだちょっと余裕がありそうなのでこのままアヘって失禁するまで腋一筋で責めて行きましょう。(ゲス顔)

またくすぐられてるマリアさんがちょっとロリっぽい所も堪らなく良いです!
ヒロイン達のロリ化はやってみたいシチュなので、
DTMで挑戦する際はこのシチュエーションを参考にさせていただきたいと思います。

ちなみにこちらのタイトルは「狂いイクマリア」だそうです。
やはり絵柄とのギャップがw


お二方とも、今回も素敵なイラストをありがとうございました!!
さあ次は私のターンですね。


er-ze11b.png
毎度おなじみとなりました、スーさんとこのオリキャラのエリーゼちゃんです。
背景描こうとしたんですが、どうも収まりが悪かったので白背景になりました。すみません。

こだわった箇所はおっぱいです。(知ってる) 今回は大きさを控えめにしました。
機械責めっぽい雰囲気を出したかったのですが、それなら拘束椅子等に座らせた方が良かったですね……。

ちなみに、足に巻いてあるベルトはこう、足の付け根から爪先までをくすぐりながら移動すると言う機械のつもりで描いたのですが……
もっと画力上げなね……。

えっ、タイトル?
えーと……じゃあ「泣き漏らすエリーゼ」



・劇場・オブ・ザ・シンデレラ

deregeki87.jpg
我らのサチコ・コシミズこと輿水幸子が満を持して再び登場しました。
誕生日近いからね(11月25日)。めでたいな幸子!おめでとう幸子!(気が早い)

deregeki88.jpg deregeki90.jpg
今回はユニット回という事で「カワイイボクと142's」での絡み。おう温泉回もやるんだよあくしろよ。
しかしいい加減142'sの正式な読みを教えて欲しいものです。私は未だに「いちよんにズ」って読んでますよ。

deregeki91.jpg
気絶してもなおカワイイ幸子。外ハネが若干上向きなのが面白いです。
それにしても贔屓目を除いても本当にいいトリオやな彼女らは。
ルナティックショーは良かったけど、142'sもしくはKBKYZDでの新曲も欲しいかなって。(鷺沢贅沢)

deregeki92.jpg deregeki93.jpg
2つ目はメロウ・イエロー回。左のあれは……キャプテン殺しのユカリ・フェアヘイレン!?
どうもメロウ・イエローはPa成分強めですね。一応全員Cuなんですけど。
かつてはドナだけだった気がするけど最近は押忍にゃんのPa化が著しいような……。

deregeki94.jpg
三人の個性を活かした全く新しい何か。
もうジョン・ケージの「0分00秒」でも演奏するしか無いんじゃないかな。
※「0分00秒」……演奏者が舞台上で日常的な行為であれば何をしても良い、という楽曲。

deregeki95.jpg deregeki96.jpg
ラストは虹色ドリーマーの三人。荒木先生初お披露目です。
そっかこの三人でもデレステでイベントが来る可能性も出てきたのか。
ならいっそ90年代初頭のアニメOPっぽい曲が欲しいかな。もっとはっきり言っちゃうと「ムーンライト伝説」っぽいヤツね。

時代考証するウサミンはスルーの方向性で行きます。私は優しいので。

deregeki97.jpg
徹夜でアニメ談義に花を咲かせる事で蘇るJK魂とは。
それはそれで楽しそうだけどね。荒木先生の青春時代が気になります。

徹夜が無理だったウサミンはスルーの方向性で行きます。私は優しいので。

deregeki98.jpg
新EDです。イリュージョニスタと同じくビッグバンドジャズっぽい曲。
脚の動きがいいですね。特に奏の座り方が何か扇情的です。


・ゲーム製作
今週は仕事に敗北し、話題に出来るほどの量を手掛けていないのでお休みです……。
NPCの会話を増やしたぐらいですからね……。


・コメレス
続きからです。

続きを読む

プロフィール

谷

Author:谷
巨乳と貧乳と爆乳と無乳が好きです。

そういう子がえろい目に会うのを
見るのはもっと好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR