FC2ブログ

私をアイアンでぶって

・アズールレーン
azul03.jpg
とりあえず建造を繰り返して資材を溶かす日々。
10隻ぐらい建造したけどSレアはクリープランドちゃんのみでした。さぁーて、そろそろ出撃しないとな

こんばんは、谷です。


・ゲーム製作
今週は前回のダンジョンの続きをチマチマと進めてました。
あと前回イロマリコンビって書いちゃったけどミスです。正確にはイロミルコンビです。

WS000376.jpg WS000377.jpg
入力装置になるアレではありません。
本当はダンジョンで手に入るアイテムを宝箱とかじゃなく、採集や採掘等の素材的な入手方法にしたいといつも思ってます。
クラフトゲーって楽しいよね……。


・シン劇
deregeki62.jpg
今週は満を持して登場のだりなつ回から。このりーなは比較的初期のニワカですねえ……。間違いない。
歯ギターって歯とか持って行かれないのかねアレ。痛そうで怖いんだけど。

deregeki63.jpg
黙ってると美少女、喋っても美少女、誘惑イビルのお三方。
周子の「○○なんかーい」が妙にエロい。お紗枝はんといい京都のアイドルはいやらしいなぁ。

deregeki64.jpg
TPでは一番年上なのに弄られ体質な奈緒。なんとなく共感してます。
加蓮はともかく凛もTP以外では割と弄られる方ではあるんだけどね。どこで差がついた。

本家の方ではいよいよ荒木せんせぇにボイスが付きましたね……。「荒木飛呂彦にボイス実装」って言われてたのは流石に草生えた。
担当の一人でもあるので非常に感慨深いです。デレステの方にも早めの実装をお願いしますちひろ様!

あとはお嬢かぁ……なんだか本当に全員声帯実装の道もほの見えてきたような。
まぁまだあと半分以上の人数が残ってるんですけどね……。


・sideM
伝統のアー写回。
S.E.Mの光GENJIに不覚にも笑ってしまいました。

あとちょいちょい合間にまだデビューしてないアイドル達が出てる……のかな?
sideMのアイドルは一部しか知らないので、自信無いですけど。


・うみのいきもの ~未確認生命体(S)U.M.A編~
まだ暖かかった頃の10月初旬の話ですが、兵庫県は須磨の海に行ってきました。
suma02.jpg suma04.jpg
小さい頃はよく泳ぎに来ていましたねー。
さすがにいくら暖かいとは言え、10月に泳いでる人は見かけませんでしたが……。

当然、私のお目当ても海ではなく。

suma01.jpg
目的はこちら、「須磨水族園」です。
須磨の海同様、小さい頃に何度か訪れた記憶はありますが、もう十何年も前の話ですからほとんど覚えてませんね。
昔はもっと敷地も狭かったような……さすがにそれは気のせいかな?

suma05.jpg
まずはメインの大水槽から。メジロザメさんですね。
大水槽とは言えさすがに規模は海遊館のそれとは比べ物になりませんが、
狭い分、魚を観察しやすいのは大きな利点だと思います。

suma06.jpg
やたら凶悪そうな顔に反して大人しいというシロワニ。
サメなのにワニ。因幡の白兎みたいな。

suma07.jpg
水族館めぐりをするようになって、サメとエイは同じ仲間である(軟骨魚類)という事を初めて知ったのですが、
こういうどっちつかずな見た目のやっこさんを見かけると信憑性が増しますな。

suma08.jpg
暖かい海が綺麗なのは、深海のプランクトンが上がって来ないためだそうです。
つまり栄養が少なく、熱帯の海に住む魚達はサンゴに生活を頼っているという訳ですね。なるほど。
須磨水族園の解説は非常に充実しており大変勉強になります。

suma09.jpg suma10.jpg
また、本来の生活環境の再現にも力を入れているようですね。
海遊館のようなインパクトや、京都水族館のような見た目の美しさ、
ニフレルのような真新しさは無いですが、見ていて飽きないです。
その辺りはさすがに開園60年と言ったところでしょうか、年季の違いを感じます。

suma11.jpg
子どもから大人まで楽しめる……施設ではあるんでしょうが、
さすがにタカアシガニさんは子ども人気は無さそうです。小さい子が思いっきり怖がってました。

suma12.jpg
マアナゴです。アナゴ美味しいよねえ。
彼らは皮膚に何か当たっているとリラックス出来るそうで、こんな風に狭い場所で固まるんだそうです。
何かエロいね。

ちなみにこの「特定の刺激に対する行動や習性」の事を「走性」と言います。勉強になるなあ。
……くすぐりから思わず逃げるのは走性とは言わないのかな? それは反射か。

suma13.jpg
世にも奇妙な"歩く魚"ホウボウです。ちょっと前に何かの番組で見たなぁ。
発達した胸鰭を器用に操り海底を歩きます。事実はファンタジーより奇なり。

suma15.jpg
ウツボです。見た目シン・ゴジラの蒲田くんみたい。
喉の奥にもう一つ口があるそうです。エイリアンやんけ。

suma16.jpg suma17.jpg
ハリセンボンです。(左)
イシガキフグです。(右)
さすがにもう見分けがつきます。イシガキフグくん何かパースがおかしいことになってるけど。

suma18.jpg suma19.jpg
珍妙な見た目、大好物です。
ははあ右のヤツがアレだな? オジサンって魚だな? きっとそうだ。

suma23.jpg
ムツゴロウを探せ!チャトラーン

suma24.jpg
シオマネキです。意外と小さいのね。
ウチのスマホのカメラ、何故かいつも被写体を遠く写してしまうんですけど、
たまーにベストな距離で撮影できるんですよねぇ……私が下手なだけなのかな。

suma29.jpg
カンディル氏。人の尿道から入り込んで内臓を食い荒らすとかいうサンタナもびっくりなとんでもない性質を持つアマゾンの魚ですね。
ただ調べた所どうも眉唾っぽいですねその話……。
「ハリガネムシが爪の間から侵入する」ってのと同じレベルの都市伝説なのかも。

suma30.jpg
Mr.デンキウナギ。こっちは本当に危険なので注意。
エサやりの時間には特徴的な捕食の瞬間も見られるそうです。見とけばよかった。

suma32.jpg
さて、須磨水族園の裏の顔と言えば彼らでしょう。ピラニアです。
ここに再び訪れるまで、須磨水族園の印象と言えば「ピラニアがいる所」だったぐらいですし流石に覚えてました。

suma54.jpg
入り口にこんなモニュメントもありますしね。子ども泣くわ。

ここでは壁一面の水槽におよそ200匹のピラニアが所狭しと泳いでます。
パニック映画ならこのあと水槽が割れて食われる場面ですね。ピラニア3Dの続編に期待しましょう。

ちなみに現地では普通に食べるし貴重なタンパク源なんだとか。
かつてこの須磨水族園のレストランでもピラニア料理を出していたそうです。食べてみたかったなあ。

suma33.jpg
こちらは別の意味で危険な魚、淡水の嫌われ者ブルーギルです。
釣り目的でも食用目的でもあまりにも人気が無くて少し同情しますね。

suma35.jpg
海のカワウソ、ラッコです。たーのしー!
殻が着いたままの貝を与えると水槽の壁にぶつけて割ろうとするので、エサは全部剥き身の状態にしてあるんだとか。

suma36.jpg
オオアナコンダです。専用の水槽に20匹ほど飼育されておりました。
ヘビ好きにはたまらない空間ですね。入りたくは無いですがね。

suma37.jpg
亀ゾーン。所狭しとミドリガメが泳いでました。溢れんじゃねえかってぐらい。
須磨水族園では期間限定で、ミドリガメを捕まえてきたら一日無料になるキャンペーンを毎年開催しているんだとか。
子どもの頃ならいくらでも捕まえられたけどなぁ……。

suma38.jpg suma40.jpg
ロングノーズガーとアリゲーターガーです。
ガー目ガー科。ガーって何だ。

suma39.jpg suma41.jpg
スカイフィッシュのような動きで泳ぐ魚と、怪獣の幼体のような魚。
遠隔操作型のスタンド感あります。

suma42.jpg
チョウザメの一種です。
私はキャビアよりイクラ、トリュフよりシイタケです。

suma43.jpg
ここからアマゾンエリア。
鮮やかな青色のコバルトヤドクガエルがお出迎え。ザ・フィアーに食わせよう。

suma45.jpg suma46.jpg
ピラルクの自重しないデカさは何度見ても慣れません。
巨大物恐怖症の気がある私にとっては割りと怖い生き物ですよ。

suma49.jpg suma48.jpg
suma51.jpg suma50.jpg
ちなみにこの水槽は内部がトンネルになっていて通り抜け出来るのですが……。
このアングルは完全に捕食される側の視点ですね。
海遊館の水中トンネルと違い天井が低く魚との距離が近いのも要因の一つかも知れません。

suma47.jpg
癒しのネオンテトラ。熱帯魚飼いたいです。

suma52.jpg suma53.jpg
ラストは水族館のアイドル、マゼランペンギンです。距離がとても近い!
見た時はケープペンギンかと思いました。ペンギンの中でもフンボルトペンギン属は特に見分けが付きにくいですね……。

これで日本で見られるペンギン11種の内、7種類目を抑えた事になります。
あとはコガタペンギン、ヒゲペンギン、マカロニペンギン、コウテイペンギンの四種類のみ。
コンプリートは近いぞ。


という訳で今回の「須磨水族園」編は以上となります。
魅力的な展示内容と、充実した解説、そして他に比べて圧倒的に安い入場料(1300円)と、
個人的に今まで巡った水族館の中で一番楽しめたかもしれませんね。

関西で残る有名所の水族館は、同じ兵庫県の「城崎マリンワールド」、テーマパーク一体型の和歌山の「アドベンチャーワールド」
そしてラスボス、三重県の「鳥羽水族館」辺りでしょうか。
いよいよ遠征の可能性も出てきましたね……。鳥羽に至っては経度的には名古屋とほぼ変わらない訳ですからね。

東奔西走なんのその。次回もよろしくお願いいたします。


・コメレス

続きからです。

> にしんさん
騎士のような傭兵のような、結構腕っ節に自信ある系のキャラクターさんですね。
強い子がなす術なくくすぐりに屈服する様を描くのは楽しいです。ゲスい。

さらっと人外の枠に放り込まれる幸子に草を禁じ得ません。
彼女はまだ常識の範囲ですよ!多分!ヘレンさんとかに比べれば!

sideMは2クールやるんでしょうかね?
まさか全アイドルに見せ場を用意するつもりなんでしょうか……。
それだと巻き展開もやむなしですけどねえ。


> 電気ネズミ@かわいい娘には旅をさせよさん
実際プレイヤーに対してのメッセージですよねああいうのは。
「この先エロトラップあるで、引っかかってや」的な。
個人的にはそういう解りやすいフラグはワクワクするので好きですw


> セミのぬけがらさん

伝説の提督が横須賀から帰ってきましたね。
今の所、何から手をつけたものかとほぼデイリー任務をこなすだけの日々ですw
あ、あとラフィーちゃんを突きまくってます。ふへへへ。

ロストが無いのは嬉しい仕様ですよね。一応、艦これ時代も轟沈はゼロでしたが。
ただ当時の癖が抜けないせいで、ちょっとの被弾にもやたら敏感になってしまいますねw

とりあえず今回は罠の種類にこだわってみました。是非ともかかりまくっていただきたいです!
ちなみにこの場面は分岐シナリオにしようかなと思ってます。
マリアさんかイロリはんか、どっちを操作するかで若干シナリオが変化する……的な。

スマートライブ、スライドの仕様はミリシタのがいいかなと思います。
あっちは起点と終点さえ押さえておけばコンボ繋がりますしね。
ただSSR画像を見ながらのプレイはいいですね。カスタマイズできる壁紙感があって。

私も死んで蘇生してゾンビになって小梅ちゃんに飼われたいです。それなんて「ゾンビーノ」?
最近、小梅ちゃんのウィスパーボイスをステレオで聴きながら寝ると翌朝スッキリ起きれるという事実を発見しました。
小梅ちゃんに耳たぶを甘噛みされながr(以下キモいので省略)

ふみふみととときんは絶対バストを過少申告してますよね……。
少なく見積もっても90以上はあるでしょう絶対……。
しかし今回のふみふみは前髪を上げちゃってるのが惜しい所。

ぬけがらさんは3度死ぬ。
担当が出るだけでテンションが上がるのはよく解ります。
2期でも果たして幸子は出てくれるのかなぁ……。


> ほよよさん
絶叫・発狂系の笑い声はやはり好きな方が多いですねー。私も大好物です!
でもあまり手段自体にこだわりは無いんですよね……。
とりあえず女の子が意に反して笑わされてるなら何でもおkな雑食ですからね。

完全拘束状態からのくすぐり罠の脱出は厳しそうですね。
どうにかしてくすぐったさを快楽に変換してもらうしか希望は無さそうです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

更新乙です
レッドストーンだと!幸運3のつるはしで掘らなきゃ・・・・・・・・(使命感)
はたして赤石君はどんな活躍をしてくれるのかな?

>>アズールレーン
これおもしろいのかな?PCじゃできないから解らないし、どうも艦これのパクリゲーのイメージが付いてくるんですよね・・・・

>>シン劇
歯ギターは実際危ないらしいですよ、歯が飛んだ人もいれば舌が切れた人もいたみたいですしにわかがやっちゃいけない奏法ですね(あれ?下手したらダリーもやばかった?)

黙っても喋っても美少女(ただし何をするのかわからない)それがLIPPS

>>うみのいきもの
これオジサンじゃなくてコブダイじゃね?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

弾ける笑顔と大きな笑い声は華ですものね
手段は別フェチも合わさるとドンピシャが生まれてくるのでしょうかね…
私にも気付かぬ内に新たな何かが芽生えて…?
特にくすぐりシーンの中で発見してしまうと好きになってたりしますね

拘束されて諦めから気持ちいいと暗示をかけてみるもやっぱり笑っちゃう
そんなちょっと違う方向に頑張っちゃう女の子もいいですね…

クラフトアイテムって心にビビッと響く単語ですよね
これを使って何が生まれるのかというのは永遠のロマン
なんだか赤い石を石でできた何かにはめたくなってきましたね
プロフィール

谷

Author:谷
巨乳と貧乳と爆乳と無乳が好きです。

そういう子がえろい目に会うのを
見るのはもっと好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR