FC2ブログ

越境ロマンス

・20年経ってもまだ半年
劇場版名探偵コナン『から紅の恋歌』観ました。
ここ最近は(まちまちながらも)ちょっと面白さを巻き返してきたコナン映画ですが、今作は特に良かったと思います。
単純にストーリーの濃さで言えばこだま監督が担当していた初期の7作と比べても遜色は無いかと。

新キャラの紅葉さん、この映画で初出なのかな?
漫画にも出てたような……原作はずっと追いかけてる訳じゃないので現在の登場人物の相関関係が把握できてないんですよね。
だって90巻越えてなお新キャラ出てくるんだもん。

ただ相変わらず推理要素は薄めなんですよね……。
お粗末でもいいからトリックを用意して、それをコナンが知恵で解き明かすシーンがやっぱり欲しいです。
劇場版だから普段と違う派手なアクションシーンを用意したいのはわかりますが……。
博士のメカがほとんど劇場版専用になってるのも問題。


こんばんは、谷です。
昼夜の温度差を計りかねてます。コタツ出したい。


・アズールレーン
azul09.jpg azul04.jpg
始めて2週間、とんだ米帝プレイで建造を回しに回し、
いよいよ建造で出るSSRがウォースパイトを残すのみという所まで来てしまいました。
まあイラストリアスさんは支援で入手しましたが……。一体何人のハムマンちゃんが退役した事か。

問題はドロップ艦なんですけどね。赤加賀さん本当に出ません。
支援のラインナップに来てくれないかなぁ。

azul08.jpg azul07.jpg
余ったダイヤで水着を買ったり完全にどっぷりハマり込んじゃってます。ロドニーさんカワイイすき。
戦闘はほぼオートで進められますし、仕事中は長めの委託任務で経験値稼げるし、
片手間にやれて、あまりスマホにかぶり付いてプレイする必要が無い、という所が大きいですね。

azul05.jpg azul06.jpg
ちなみにラフィーちゃんとは既にケッコン済みです。ロリコンだわ!
現在は見た目が性癖にどストライクだったテラーちゃんを秘書艦にしています。おっぱい大きくなった小梅ちゃんだよねこの子。

2週間やってみた所感としては、「アプリゲーとして詰めに詰めた艦これ」という印象でしょうか。
ケッコンや課金要素の薄さ等、明らかに意識してる部分が多く見受けられますしね。
それ以外は昨今のスマホゲーにはよくある仕様だと思います。

ただ元が中国のゲームなので翻訳の事情か、あるいはライターの癖なのかは解りませんが、
少々キャラのセリフに違和感を覚える事が多々ありますね。気にしなければ気にならない部分ではありますが。
誤字脱字が多いのも気になります。修正はされるでしょうけど。

あと、同じ役割のアイテムが多すぎてややこしいのもありますね……。
補給や支援のシステムは統一していいのではないでしょうか……。わざわざイベント用に分ける必要は無いような……。


・ゲーム製作
WS000401.jpg
同時進行、こちらはマリエミの方です。
2章ぐらいからの伏線を回収する流れに入っています。エミリアさんの秘密が明らかに!

……広げすぎたせいで畳むのが大変です。
今月中にはそろそろ公開時期の目処を立たせられるようにしたいですね。


・しんでれらがぁるず劇場
3週間分溜まってましたシン劇の感想です。
まずは17話から。
deregeki65.jpg
トリックオアニート。ハロウィン回。
デレステの復刻に合わせてきたかのようなハロウィンまゆの登場……製作サイドは血も涙も無ぇな。

deregeki66.jpg deregeki67.jpg
亜仁羽麻莉威ってなんやと思いましたが「アニバーサリー」か。そんなバカな。
ノーティギャルズ……特攻服……チャンピオン……うっ、頭が……。

deregeki68.jpg deregeki69.jpg
deregeki70.jpg deregeki71.jpg
相葉夕美Pの墓場。担当にちゃんとバラエティ色の無いカワイイ4コマがあるアイドルはいいよね。
聞いてるか幸子。いっつも面白いオチつけやがって。

deregeki72.jpg deregeki73.jpg
18話。何度目かの水着回。時期が。
「あっこれ火遁では!?」の流れるようなボケすき。あやめ殿のユッコ化が著しいな。

deregeki74.jpg
海のウサミン、略して海ミン。こんなドスケベボディしてるのに水着NGとか宝の持ち腐れですねえ。

deregeki75.jpg
ボインボインヤンキィ。この光景にツッコまず淡々と語るみくにゃんとりーながなんか面白いです。
この時の夏イベ覚えてますわ。おっぱい祭りだったヤツや。

deregeki77.jpg deregeki78.jpg
アイドルとしてあるまじきがに股が霞むほどのインパクトを誇るちひろさんの恐怖の着信履歴。
緊急の用事でもあったのか否か。まあ繋がらないだけならまだしも電源切ってるしねえ……。

deregeki79.jpg
最後に原作に無いフォローをされてて草。流石に騙されませんよちひろさん……。

deregeki80.jpg deregeki81.jpg
deregeki82.jpg
19話はオリ回。過去イベの勇者蘭子の話。
そこに今回アニメで初お披露目となる新規ボイス組をメインに据えた感じですね。あれ?荒木せんせぇは?

deregeki83.jpg
シーフ姫川、アーチャー柚、サムライ巴。シラフでも割とアカン面子ではある。
柚の「ぐさぁー!」がアニメで観られたのは満足ですね。

deregeki84.jpg deregeki85.jpg
ビーストテイマー関ちゃんとモンク藍子。似合う。
藍子がモンクになってるって事はほぼイベントの終盤ですね。

deregeki86.jpg
勇者蘭子。げに楽しそうで何より。そして衣装がエロい。
次回はぜひ残るパーティメンバーも全員出してあげて欲しいものですね。


・フレンズたちに会いに行こう・番外編 ~続・丸竹夷~
kingyo01.jpg
現在、京都・二条城で開催中の『アートアクアリウム』に行ってまいりました。
この展覧会は金魚や錦鯉などの観賞魚を"アート"として展示する催しで、今年で開催10年目になるイベントだそうです。
夕方からの開場だったので、普通に平日の仕事帰りに行って来ました。

kingyo02.jpg
夜の屋外展示なので10月と言えどさすがに寒かったですね……。
金魚は綺麗なのですが立ち止まってじっくり眺める余裕はそんなに無かったです。

kingyo03.jpg kingyo05.jpg
kingyo04.jpg kingyo06.jpg
金魚と言うとどうしても縁日で泳いでるようなのを連想しますが、
さすがに観賞魚として育てられた金魚は比べ物にならない大きさですね。
品種も多種多様で、非常に面白い世界です。

kingyo07.jpg kingyo08.jpg
金屏風ならぬ金魚屏風。大政奉還150周年の記念作品だとか。二条城ならではですね。
影の見せ方がお見事。実際より多くの金魚が泳いでるように見えますね。

kingyo09.jpg kingyo10.jpg
kingyo11.jpg kingyo12.jpg
伊万里焼のような陶磁器の中で優雅に泳ぐ金魚達。
金魚文化は江戸時代に隆盛を誇ったと聞きますが、当時の富豪はこんな風に金魚を遊ばせてたのかも知れません。

kingyo14.jpg
さらに歩を進めると金魚御殿が。

kingyo19.jpg kingyo20.jpg
中でも一際異彩を放つのが中央のコレ。大層な金魚鉢ですな。
目まぐるしく色が変わるのは綺麗は綺麗ですが金魚がよく見えないのでもうちょっと落ち着かせて欲しい。

kingyo17.jpg kingyo16.jpg
kingyo27.jpg kingyo28.jpg
切子の中で泳ぐ金魚達。切子のどこが好きなんだい?

kingyo22.jpg
草間彌生の作品みたいなのもありました。

kingyo23.jpg
中を覗くとコンニチワ。奇跡の1枚です。目と目が合うー瞬間ー。

kingyo29.jpg kingyo30.jpg
まるでメダルゲームの筐体のようですね。

kingyo32.jpg
さらに奥にはまたしても異彩を放つ金魚鉢が。

kingyo37.jpg
ぎっしりです。中に入ってみたい。
やっぱり無色の照明が一番観やすいと思うんだけどなあ。

kingyo31.jpg kingyo34.jpg
kingyo35.jpg kingyo33.jpg
コントラストがいいですねえ。
あまり奢侈に過ぎるのより、このぐらいの方が落ち着けていいです。

kingyo40.jpg kingyo41.jpg
こちらもなかなか素敵。金魚行灯ですね。
寝室に置きたいです。

kingyo43.jpg kingyo44.jpg
金魚屏風再び。今度は黒を基調とした色合いになってます。
影が浮かぶ最初のと違い、今度は影が溶け込んで金魚の動きが陽炎のように揺らめいて見えます。
これは上手い見せ方だなーと思いました。

kingyo46.jpg kingyo47.jpg
最後に待つのは金魚舞台。遠めで解り辛いのですが、錦鯉もいるのかな?

kingyo49.jpg
ちなみにここでは決まった時間に芸子さんの舞も見られます。
うなじが寒そうでした。(どんな感想や)

kingyo50.jpg
道中にあったバー。お酒とおでんが楽しめます。
提燈に書いてある文字の意味はよく解りませんが、心意気は伝わりました。多分。

という訳でアートアクアリウム京都のレポートでした。
基本的には楽しめましたが、屋外展示なので寒いのと、期待していたほどのボリュームは無かったかなーという印象です。
あとどの展示も色がめまぐるしく変化するのがちょっと煩わしい。もう少しゆっくり見せて欲しかったかな。


・コメレス
続きからです。

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

エボシ

自分から話しかけてくるクセに、こっちが話題を振ると途端に無愛想になる、そんな大阪のおまわりさん。

こんばんは、谷です。

・ゴーヤさんとこの

以前から親交のあるいぬゴーヤさん作のくすぐりゲーム、
「Dungeon of Giggles」、遅ればせながらプレイさせていただきました。
というワケで、毎度おなじみさんのゲーム感想のコーナーです。

まず設定とシステムがすごく斬新でした。
敵も味方もお互いくすぐりまくりのくんずほずれつキャットファイト形式のRPGとは……。
「くすぐりRPG」の名に恥じない、素晴らしいシステムだと思います。
個人的にはまだ出てきてない残り二人のキャラにも、なんらかのくすぐり技を持たせて欲しいですね。(願望)

あとキャラクターも実に魅力的。
猫又さん作の可愛らしい顔グラとの相性が抜群だと思います。
個人的に一番私のツボを掴んだのは、情報屋のユウグレーさん。今後の活躍に期待です。いっそ仲間にしたいぐらい。(願望)
「少女検索中…」には私のパロディ心がくすぐられたのは言うまでもない。

他にもBGMや、細かな演出など、ことごとく私のツボを抉ってきました。
今後が本当に楽しみな作品です。
さきゅさんのくすぐりシーンが見られるのはいつの日か!(願望)


・CD第6弾
モバマスCD第6弾買いました。(遅い)
なのでこちらもちょっと雑感と言うか、ざっくりした感想を。

『毒茸伝説』歌:星輝子…ネタ曲が来ると思いきや、中身は意外とまともなメタル。歌詞はまあ目を瞑る。
サビはなんかマイナーなロボットアニメのOPみたいで妙にメロイック。
ラジオドラマではまさかの一人三役。しいたけに萌えます。

『2nd SIDE』歌:神谷奈緒…やっぱり奈緒はCuじゃないか(歓喜)ってぐらい可愛らしい内容の曲。
元々ツン成分低めなツンデレでしたからね。正統派というか。今回の良心曲だと思います。
ラジオドラマでは終始いじられ続けだった奈緒ちんをCoPは早急にCuに返すべき。可愛い。

『薄荷 -ハッカ-』歌:北条加蓮…今回のガチ枠。Coは曲に恵まれてるなあ。それにくらべてCuは……。
ラジオドラマを聞いて思ったのは、やっぱりCDデビュー時とモバマスの現在の時間は別なんだなという事。
恐らく時系列的にはスカウト(初登場)→CDデビュー→以降のカード全てという流れなのかな?

『花簪 HANAKANZASHI』歌:小早川紗枝…紗枝はんまさかのイオシス枠。しかし今回の中で一番まともなキャラソンだと思う。
とにかく耳に残るサビのこんちきちん♪さっそくオモチャにされてるし。
中の人の強烈なキャラも相まって良くも悪くも第6弾の目玉曲かと。

『ミラクルテレパシー』歌:堀裕子…いつものポジティブパッションポップ。トリにPa置くとなぜか良心枠と化す気がする。
サイキックギターソロでギターソロきゃもぉぉん!を思い出した。ぜひキラメキラリ歌って欲しい。
ドラマCDは安定のアホの子全開。あれ、蘭子と同じと臭いがするぞ。あーユッコが曲げたスプーンでカレー食べたい。

・コメレス
続きからです。

続きを読む

針はいつか目玉へ

こんばんは、谷です。

掲示板に上がっていた『夢の世界』というゲーム、プレイさせていただきました。
というわけで、今回は毎回恒例ゲーム感想のコーナーです。

くすぐりだけじゃなく様々な趣向のエロスが盛り込まれているのがいいですね。
そしてエロシーンの文章がとても丁寧。大分この手の文章を書き慣れている印象を受けました。
シンプルながらバランスの取れたゲーム性と、短いながらも豊富なシチュエーションと、
とにかく完成度が高いゲームだと思います。そしてエロい。タコがエロい。

シナリオ全体の雰囲気や主人公の特殊な境遇など、非常に特徴的な作風ですね。
今後の活躍に期待したい製作者さんです。

あと個人的に一番衝撃を受けたのは花子ちゃんの年齢。
タイトル絵を見て中学生ぐらいかと思っていましたがまさかの……w


・コメレス


続きからです。

続きを読む

カンパネラとショコラ

こんばんは、谷津崎です。いろいろ予定が立て込んでいて放置していました。申し訳ございません!
気がつけばお盆休みも今日で終わりうああああ!
働きたくないよー!月曜がくるよー!

・神ゲー
DDD様製作の「Dungeon of Tickling」早速プレイさせていただきました。(以下、便宜上DoTと略させていただきます)
これは間違いなくプロの仕事ですわ。谷さんには解る。
テンポよく進む展開に軽快な語り口と個性的なキャラクター、凝ったシステムとプレイしてて一切飽きの来ないゲームでした。

中でもキャラクターは本当に活き活きしてて魅力的。パクりたいぐらいに。
おねショタくすぐりというのがメインのシチュですが「好みと情熱」が「センスと才能」に見事に合致してると言うか、
なんかもう表現するのが難しいぐらいとにかく凄い。すごいゲームです。
やっぱりキャラクターを動かすのはグラとかじゃなく作者の腕前だよなあ、と改めて認識させられました。

それとシステム。ツクールの機能をフル活用されてて凄く手馴れた印象を受けました。
くすぐりだけじゃなくあらゆるシーンで選択肢も多く、ゲーム自体が圧巻で重厚なボリュームでした。

ただ少し惜しいなと思ったのはエロシーンをもう少しぐちゃぐちゃのドエロにしても良かったんじゃないかなという点。
いや充分エロいんですけどね。主に特訓とか。
作者さんはソフト目(あくまで谷さん個人の主観です)が好きなのかも知れませんし、そこは作品の世界観に合わせた特色もあるでしょうけど、
もう少しがっつりなくすぐりも見たいなと思いましたね。

しかしそれを含めてもこのゲームの全体的なレベルの高さとセンスには圧倒されました。パクりたいぐらいに。(二回目)
DoTは間違いなくくすぐり界における革命的なゲームですね。
かなり焚き付けられ、そして完全にファンにさせられてしまいましたw

今後にも期待しております!


・ゴミゲー
話は変わってこちらは谷さん製作のゴミゲームの話。
……いえ、あんな神ゲープレイした後でよく自分のゲームの話なんかできるな厚顔無恥野郎めと罵られても仕方がないクオリティのゲームの話ですが。

上記DoTに影響されてATMのエロシーンをちょっと改造しております。(早速かお前)
中身は変えてないんですがVXAceにそんな機能があるとは知らなかった!というシステムがあったので。
まあエロだけしか魅力がないようなゲームですが、マイペースより少し早い速度で製作を続けようと思います。
谷さんも頑張ります。


・コメレス


続きからです!

続きを読む

トマス・ハリスの『沈黙』編

映画『おっぱいゾンビ』を借りようと思ったら借りられてて観れませんでした。
というか新作なのに2,3本しか入荷されてないってどういう事なのさTSU○AYA。
しょうがないから代わりに『チアリーダー・マサカー ~裂かれたユニホーム~』を借りてこようとしたらこれも借りられてました。
どうやら僕によく似た感性(駄)の持ち主が近所にいるらしいです。
あっ、そう言えば隣町にくすぐりフェチの方もいらっしゃる。

こんばんは、谷津崎です。

・ゲーム感想『spell&knuckle』編

今日は満を持して更新された『ポポイのブログ』のグランドマスター、ポポイ様のゲーム
『spell&knuckle』の感想から始めたいと思います。わっふるわっふる。
というか前回の更新時に感想が書けなかったんでね!
その分も合わせてレビューをさせて頂きたいと思います。わっふるわっふる。

まずはキャラクタ。僕は断然燐火さん派です。
元奴隷という設定がとても素敵なマゾ娘ちゃん。
時折入る奴隷時代の回想シーンやダメだと解っているのに花に自分からネチョネチョされに行く所が素敵。
あと袴!はかっ、袴!和装はいいですねえ。

シナリオは相手を選べるユイさんと違って若干てこずった物の、それほど苦戦も無くクリアーできました。
(サイフォスさんのカイザーブレイドで5回ぐらい死にましたが。)

戦闘におけるBADは現時点ではないかな?
結構細かい所にもエロシーンがあるので見落としてそうですが。
ちなみに一番お気に入りなのはサイフォスさんの過去シーンだった訳ですが。
あれは今後も続くと見ていいのかな。

あと細かい所では技名のセンスが好きです。格好いい。
僕には無い物ですw

何はともあれポポイさんお疲れ様でした~!
できればデバッグも参加したかったですが……仕事が……くそう……。



・で、お前は何を以下略。
年度末の仕事量を若干舐めておりましたが、本年度の達成率は昨年の実績を上回っていたので良しとします。

ああ、ゲームの話ですね。スミマセン。

とりあえずいろいろとマニアックなシチュエーションのエロを書いてたりしてました。
そして余談ですが某氏にスカイプで「○○責めなシーンを書いてたんですよ~」と話したら、
「そのシチュだと△△とかが似合いそうですね!」と即座に言い当てられてめちゃくちゃビビりました。

3月もラスト一週間、更新は厳しいかもしれませんが、諦めずにやれるトコまでやってみます。
プロフィール

谷

Author:谷
巨乳と貧乳と爆乳と無乳が好きです。

そういう子がえろい目に会うのを
見るのはもっと好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR