FC2ブログ

ごあいさつ

いらっしゃいませ、谷です。

当ブログは私、谷が製作した成人向けの絵やらゲームやらを公開しているブログです。

成人向け要素を含む為、
18歳未満の方の閲覧はお断りしております。



製作物への記事リンク。

くすぐりエロゲー(製作:RPGツクールVX)
『Don't Tickle Me!!!』 (2011/12/07 ver0.21公開中) PASS:kocho
『Please Tickle Me!!!』 (2015/09/18 ver0.13b公開中)
(更新!)『Attack of the Tickle Monsters』 (2016/11/28 ver0.21b公開中) 
 攻略のヒントはこちら(ver0.2に対応しました)


Hシーンアイディア募集のページを作りました。こちらからどうぞ。


続きから、前置きです。
主に、当ブログ以外で私の名前が出た時について。

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

ゾンビ・バンク

帰省した妹がデレステ始めてプロデュンヌになってた話。

こんばんは、谷です。


・ゲーム製作
WS000323.jpg
今週作ってましたメイさん主人公のミニイベントです。
彼女のHシーンの要望も結構いただいたので、専用シナリオを作った方がやりやすいかなと……。

しかしこうして見るとしきにゃんにも似てるよねメイさん。一応、世に出たのはメイさんが先ですが。
ただ女科学者キャラの性格って、こう飄々としたのがデファクトスタンダードのような、そんな感じはありますね。


・デレステ+ミリシタ
deresute08.jpg
今回のシンデレラキャラバンの報酬が日菜子だったので全力で獲りに行きました。
この妄想お姫様のカードは、私がモバマスで始めて手に入れたSRなので、思い入れが深いのです。

モバマス始めたのはちょうどお花見イベントの頃でしたが、
その時は始めたばっかりでイベント行く勇気も無かったので……。それに当時はガチャに対しても忌避感がありましたしねえ。
その分、このカードは長い間センターにいましたね。
どのくらいかと言うとシンデレラガールズとときんが配布される時期ぐらい。(長い)



そして5th幕張にてまさかのシンデレラガールズ劇場の2期が製作決定に!!
これ会場やLVは相当盛り上がっただろうなあ……行きたかった。

しかし幕張でしんげきのアニメ2期発表って事はSSAはアニメ絡みの発表は無いのかなー。
個人的にはCM第11弾が欲しいです。サプボ発表でもいいのよ。
いやーSSA楽しみだなー。2日目のLVしか当たらなかったけどー……。


mirisita13.jpg
コツコツ貯めて翼ちゃんSSR当たりました。直後にガチャ更新来たけど。
んー、個人的に早くまかべーさんのSSRが欲しいですね。

mirisita07.jpg mirisita12.jpg mirisita11.jpg mirisita10.jpg
ミリシタ始めて2週間ちょい。
まかべー含めだんだんと"気になる子"も増えてきました。

"ミリオンのやべーやつ"ぷっぷかさん。メールの内容が奇人変人の度を越えていたので。
むちぽよボディの風花さん。このぐらいのむちむちさが凄く好みです。
「デブ専」という尖り切った属性持ちの美奈子。普通にコミュが可愛かったので。ムビマスに出てた?覚えてない……。

この辺りでしょうか。あと一人担当が増えたらユニット組めますね。
全然コミュ解放できてないので、知らないキャラだらけで楽しみです。


・コメレス
続きからです。

続きを読む

とろけるスライムチーズ

先週、連休伸びるかもとか言ってましたが別にそんな事は無かったぜ!


こんばんは、すっかり体が鈍ってしまってる谷です。
辛い。ユンケルください。一番高いやつ。


百合くすぐり小説でおなじみ、Mr.イッチことイチシキ先生のブログ『イチ太郎スマイル』様にリンクを張らせていただきました。
拙者のような日陰者にお声をかけていただきましてありがとうございます!恐れ多いです!

執筆されてる小説は主に艦これやオリジナルのくすぐり小説が多く、
内容はとにかく女の子が女の子を責めるf/f系!百合こちょ最高やねん……。
強いこだわりが感じられる作風はやはり素晴らしいですね。

オススメは「くすぐりブーツの呪い」でしょうか。徹底的な足裏責めの描写が最高です。
年上のお姉さんにいいようにされるロリっていいよね!おねロリとでも言うのでしょうか。
何はともあれ、相互リンクありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします!


しかし私のイメージはもうすっかり「おっぱいの人」ですね。
いやもちろんおっぱい大好きですけどね。
「アヘ顔ユンケルの人」よりは徳が高い気しますし(気のせい)。

作品のシチュ傾向 : ハードで快楽寄り
本人の性癖 : くすぐり、リョナ、おっぱい、アヘ顔
よく見られる生態 : 薬漬け、虚弱体質

今まで指摘された事をまとめるとこんな感じでしょうかね。どうなんだ。


・ゲーム製作
イラスト2枚を完成、ラフ5枚。
ストーリーを進める。
……えらい淡白ですが、連休中に出来たのはこんな感じでしょうか。
自分の中であまり実感は無いですが、改めてテストプレイし直すとそれなりに進められてたので良しとします。

ただ、休みの日より普通に仕事した後に作業を進める方が何となく効率良く進められる気がする。
そういうライフスタイルにもう体の方が慣れてしまってるのかも知れません。

WS000317.jpg
結構、第一章からガンガンと追加シーン入れてます。
ストーリーに関わるものではなく、ゲーム中の説明をより解りやすくする事を意識したものですが。

WS000318.jpg
これもそうですね。
未見のサブイベントを一目で解るようにしました。

WS000319.jpg
マップの追加はなるべく少なめにしたいのですが、聖堂がちょっと狭かったので改築しました。
この先には主にちょっとしたミニゲーム……というか、RPG的に楽しめる要素を追加しています。
楽しめなかったらごめんなさい。

……そろそろある程度目処が立ってもいい頃合。


・デレステ
deresute07.jpg deresute06.jpg
月末のフェスではウサミンを引き当てました!
今回は「ほぼ石を丸々使ってしまいました」が、どうにかSSRを引き当てたので勝利と言っていいでしょう!





ガチャコウシン





deregacha.jpg
えっ。



deregacha3.jpg deregacha2.jpg
うわあああああああああああああああああああああああああ!
お゛の゛れ゛ち゛ひ゛ろ゛お゛お゛お゛お゛お゛ぉぉぉぉ!!!



mgs302.jpg
(率直な感想)

……正直、今回は完全に油断しておりました。そりゃコミュ来た直後ですもんね、来ますよね、目玉。
流石に残弾数ゼロでガチャ回す気にはなれません。今回は見送りですね……。
……再登場時にも天井あるなら今からコツコツ石溜めれば1年後には7万5000石くらいにはなるかな?

勝利どころか今回は敗北Dって所でしょうか。
まだウサミン引けてて本当に良かったです……。

しかし特訓前が浴衣で特訓後のモデリングがヘソ出しとか幸子Pを完全に殺しに来てるとしか思えん。


・ミリシタ
mirisita01.jpg mirisita02.jpg
いよいよ正式に配信されましたね。「アイドルマスター ミリオンライブ シアターデイズ」が!
コミュがあまりにもヌルヌル動くもんで、最初に「これアイマスやん!」という支離滅裂な感想を抱く始末。
(まあスマホでプラチナスターズやってるようなもんだからねえ……)

765ASが最初から先輩になってるのがちょっと嬉しい。
大体どの媒体でもいつも新人アイドルからのスタートですから、感慨深いものがあります。

mirisita03.jpg mirisita04.jpg
ちなみにSSR確定チケットではいきなりわた春香さんをお迎えしました。
その後石を貯め切ったあとの10連で白石紬ちゃんを。
ミリマスやってなかったんで知らなかったんですが、この子はミリシタからの新キャラだそうですね。
いかにもなポンコツツンデレ方言キャラいいぞ。

うーん、新規キャラがいるのは純粋に羨ましい。
まあアイドルの人数がデレの約5分の1だからやれる事と言えなくはないですが。(むしろデレの方が多すぎる)

mirisita07.jpg mirisita08.jpg
ちなみに、今現在私がミリのアイドルで一番気になってるのはこの子です。
どことなく幸子イズムを感じる。

mirisita05.jpg mirisita06.jpg
ライブの演出は流石にハイクオリティ。
まさかソロverで縦持ちプレイをさせられるとは思ってませんでした。

あと単純に曲が良い。凄く良い。
この紬の持ち歌『瑠璃色金魚と花菖蒲』が特にお気に入りです。
デレマスはどちらかと言えば、キャラ性やユニットのイメージを重視し、バラエティ豊かな曲が多いですが、
ミリマスは曲のテーマ性、楽曲そのものに重きを置いてるように感じますね。

今後の展開が楽しみです!


・デレマス5thライブ
SSAのライブビューの抽選に申し込みました。
……頼むからライブビューぐらいは行かせて下さいイー○ラス様……。

・コメレス
続きからです。

続きを読む

新・うみのいきもの

長かった連休も残り5日を切ってしまいました。
……が、しかしここに来てどういう訳か連休が伸びる可能性も出てきました。謎の現象ですね。

まあ、もらえるものは病気以外なら何でもイタダくツェペリ精神で行きたいと思います。
私の場合、貰うものは病気の方が多いんですけどね。


こんばんは、谷です。


・ゲーム製作
dtm01_20170628152548b56.jpg dtm02.jpg
DTMに使用する為のCGをガシガシ描いてます。1枚完成済み(差分はまだですが……)、ラフが2枚です。
CGの枚数は皆さんからいただいたアイディアの中から10枚ほど描かせていただく予定です。
とりあえず5枚ほど描いて、残りの5枚はもう少し後で決めたいと思います。(まだアイディア募集中なので……)

それ以外のアイディアもちゃんとゲーム内のイベントとして実装します!
私の理解力がアレなため、実装したあとで「こういうんじゃなかったんだよなぁ……」って齟齬も発生するかも知れませんが、
同じアイディアをちょっと形を変えて何度も送ってくださっても構いません!
引き続き皆さんからの素敵シチュエーションをお待ちしております!


↓ここからデンジャーゾーン(BGM:『トップガン』のテーマ


・ミリシタ+デレステ+シン劇+幸子の話
mirishita.jpg
いよいよミリシタのアプリのダウンロードが可能になりました。配信日近そうですね。
ミリオンライブの方は、765の劇場版とサ○キューユッキに登場したキャラぐらいしか知らないのですが、これを機に兼業してみようと思ってます。
とは言え、メインはあくまでデレの方なのでこっちは無課金の方向で……ね。(予防線)


sachikomyu01.jpg sachikomyu02.jpg
そしてついにデレステのストーリーコミュに我らが輿水幸子が追加されました!

mgs301.jpg
(率直な感想)


sachikomyu03.jpg sachikomyu04.jpg
今回のストーリーは選択肢によってまさかのシナリオ分岐システムが採用されていましたね。
ギャルゲー感すごい。サブタイトルの「Kawaii or Lesson?」はそういう意味だったのか……。
私は幸子に甘いので、最初はデートルートを選びました。

sachikomyu05.jpg sachikomyu06.jpg
sachikomyu07.jpg sachikomyu08.jpg
「変態!ド変態!der変態!変態大人!」
とピンク文字で溢れ返りそうな、釘宮ボイスの某アイドルをリスペクト。
この全方位にウザカワイイのが最高です。

sachikomyu10.jpg sachikomyu11.jpg
散々振り回しつつも最終的にデレルートに落ち着く。
これだから幸子Pは辞められないんだ。

……なんだ幸子ォ!普通にカワイイなあオイ!いつものノリはどうしたァ!
と思いながら分岐点に戻り、次は地獄のレッスンルートへ。

sachikomyu13.jpg

sachikomyu14.jpg sachikomyu15.jpg
Pと二人きりの前者と違い、こちらは同僚達とのバラエティ力と体力を鍛えるルート。
エッミと上田しゃんはともかく、軍曹とたくみんのは脳筋にもほどが。

sachikomyu18.jpg sachikomyu20.jpg
sachikomyu19.jpg
「筋トレはいいぞ!」 軍曹は何を目指してるんだろうか。

sachikomyu16.jpg sachikomyu17.jpg
かと思えば何気にとても良い事を言うんだよね軍曹。
それに合わせて、こちらのルートでもきっちりデレを見せてくれる幸子はやはり最高でした。

sachikomyu21.jpg sachikomyu22.jpg
MVももちろん最高でした。ここ百式観音
限定衣装でも恒常衣装でもどっちも似合いますねえこれは……。

sachikomyu24.jpg sachikomyu23.jpg
担当の曲なら難易度MASTERでも初見クリアは基本ですよね! NICE1? 知らんな。
どの難易度でも総ノーツ数がキリ番になってる辺り、完璧主義の幸子らしい曲になってましたね。

待ちに待った幸子コミュ……ちひろ様ありがとうございました……。
課金しますので2週目の恒常をお願いします(ジュエルドサーッ

ytp03.jpg ytp05.jpg
ところで今回はほぼ幸子メインの話だったけど、YPTのイベントも凄かったと思うんですよ。
振り付けはVRからの流用でしたが、いよいよ5人全員バラバラの動きが出来るようになったんですねえ……すごい。
あとこの曲をロリ組に躍らせた運営は有能過ぎる。

deregeki46.jpg deregeki47.jpg
ここからはシンデレラガールズ劇場のお話。
いよいよ今週で最終回。最後は中二病コンビ、ダークイルミネイトの二人でアニオリ回でした。
9話以降は12話を除いてずっとアニオリでしたねえ。理由は解りませんが……。

deregeki48.jpg
deregeki49.jpg
deregeki50.jpg
deregeki51.jpg
飛鳥くん4コマ。苦かったらしい。
以前ブラックコーヒーを飲んで文字通り苦い目に会ってるから、多分最初に飲んだのも既に結構な量の砂糖は入れてたと予想。

deregeki52.jpg deregeki53.jpg
蘭子の世界観に魅了される飛鳥くん。
ある意味等身大の二人。ちなみに幸子も14歳である。
最後は飛鳥くんが意味はよく解らないけど格好いいセリフを言ってシメ。良い、最終回でした。

deregeki54.jpg deregeki55.jpg
ED後に原作者の熊せんせーによるカット。
ボイス付き&ボイス確定組でアニメに出演しなかった勢ですね。……お嬢や関ちゃんは確定組でいいんだよね?
だりなつとウサミンが出なかったのは本当に意外でした……。おうあと25クールやるんだよあくしろよ。
既ボイス組だけでも全然ストックあるし、アニオリも混ぜるんならいくらでも続けられると思うんだけどなあ。

まあ、8月のSSAで何か大きい発表はあるはずだと予想。
……来るかな、そろそろ劇場版。


さあ、今日はまだまだ続きます。もう1時間ぐらいブログ書いてます。


・うみのいきもの ~エキスポ編~
nihureru1.jpg
先日、伊丹からの帰りにエキスポシティ内にある水族館『ニフレル』へ行きました。
エキスポってどこよ、って関西外の方に説明しますと、太陽の塔がある所です。
何気にエキスポシティが出来てから行くのは初めてだったりします。

開館が一昨年の末なので、まだ出来て間もない水族館です。
ちなみに、管理運営してるのは先日紹介しました海遊館だったりします。

nihureru2.jpg nihureru3.jpg
最初のエリア"COLORS"。文字通り色鮮やかな魚達が展示してあるエリアです。
こんな感じでニフレルでは各エリアに副題のようなものも付いてます。

nihureru4.jpg nihureru5.jpg
nihureru6.jpg nihureru7.jpg
nihureru8.jpg nihureru9.jpg
nihureru10.jpg nihureru11.jpg
シロボシアカモエビ、ルリスズメダイ、モンガラカワハギ、バイカラードッティバック、ハタタテハゼ……。
聞いた事もないような名前のカラフルな魚達が見られます。
どの水槽も大きく湾曲しており、屈折率を変えて魚達が大きく見えるようにしてるのが面白いですねー。

nihureru12.jpg nihureru13.jpg
個人的にこのクラゲ水槽が最高でした。
ふよんふよん漂うクラゲ達はいつまでも見てられますね。昔、海で股間ギリギリの所を刺された恨みはあるけど。


nihureru14.jpg
二つ目のエリア"ABILITIES"。変わった生態の魚達のエリアです。
まずはカイカムリさんがお出迎え。名前から妙な謙虚さが溢れ出てますな。彼はヤドカリなのかカニなのか。

nihureru15.jpg nihureru16.jpg
マダコにヒラメです。
ヒラメさんかなりイイ感じの写真が撮れました。谷さんちょっと撮影スキル上がりましたね!

nihureru18.jpg
彼がいわゆる「テッポウウオ」なんですね。よく見ると確かに口がモゴモゴしてます。
進化してもマダコにはなりません。

nihureru20.jpg
こちらは正真正銘のドクターフィッシュ、ガラ・ルファです。
指先をちょっと入れただけで凄まじい勢いで寄って来ます。ガラ・ルファ3D?

nihureru21.jpg
このクセの強い顔は海遊館でも見た顔だ。

nihureru22.jpg nihureru23.jpg
nihureru24.jpg
ヤンキーみたいな出っ歯の魚に絡まれる。
「何見とんじゃワレ!一服盛ったろかコラ!」とでも言わんばかり。
見てると具合悪くなりそうな模様だなと眺めていると、

nihureru25.jpg nihureru26.jpg
「おう兄ちゃん、ちょっとそこ通してな」 「あっ…えろうスンマヘンよってからに」
押しのける形でぬぼっとした魚が現れました。

彼は有名人ですね。メガネモチノウオ……いわゆるナポレオンフィッシュです。
どうぶつの森で散々島から密漁した、思い出深い魚です。高く売れるんですよ。


nihureru27.jpg nihureru28.jpg
第三エリア"SHAPES"。奇天烈な姿の魚達のエリア。
まずさっそく出ましたチンアナゴさん。こういう、ちゃんと全長が解る様な展示の仕方は面白いですね~。

nihureru29.jpg nihureru30.jpg
ダイオウグソクムシたん!
今回はかなりはっきりと姿形を拝見できました。
なるほど、妙なキモカワイさはありますね。人気も頷ける。

nihureru31.jpg nihureru32.jpg
ニフレルは大きさの迫力には欠けるものの、展示されてる生き物そのものにインパクトがありますね。

nihureru33.jpg
ミノカサゴさん。刺されると凄く痛い毒針を持ってるロックなヤツです。

nihureru34.jpg
オウムガイです。貝ではなくタコやイカの近縁種らしい。

nihureru35.jpg
マツカサウオです。そのまんまな名前。

nihureru36.jpg
青白く発光してるのがヒカリキンメダイです。
光るのはほぼ一瞬なのでかなり粘って撮影しました。結局ボケボケですけどね。

nihureru37.jpg nihureru38.jpg
中間地点に広がる空間アートの世界。
……まあ綺麗だけど、魚を見に来たんですが私。


nihureru40.jpg
ニフレルのメインエリア"WATERSIDE"。水辺に住む珍しい生き物が展示されてます。
しょっぱなからハエトリグサさんと遭遇。まさか植物まで撮影する事になるとは。

nihureru42.jpg
サカサナマズ。無重力空間でも逆さまの姿勢を維持するんだそうです。
どういう進化を経て彼らは逆さに泳ぐ事を選択したんでしょうか。

nihureru43.jpg
エボシカメレオンです。爬虫類大好きです。
これぞカメレオンって感じの風貌ですね。パンサーちゃんはいないのか……。

nihureru45.jpg nihureru46.jpg
プロトプテルスエチオピクス……と紹介されてましたが、いわゆるハイギョですね。
名前と一緒に川柳が載せられてたり、ニフレルの紹介文はちょっと変わってる。

nihureru47.jpg nihureru48.jpg
nihureru49.jpg nihureru50.jpg
nihureru51.jpg nihureru52.jpg
ニフレルの顔役、ホワイトタイガーのアクア君です。
虎も泳げるんですね。すごーい!
ちょうど飯時だったらしく、人が殺到してました。やはり閉館ギリギリに行くべきだなあ。

nihureru53.jpg nihureru54.jpg
そんな圧倒的人気のホワイトタイガーの反対側でひっそりと佇むイリエワニです。
目つきがもうこれは明らかに食物連鎖で人間の上に立っている生物のものでしょう。
強化アクリル越しでも怒らせたら食い殺されそうです。


nihureru59.jpg nihureru58.jpg
神戸どうぶつ王国のような、動物たちが動き回るエリア"BEHAVIOR"。
流石に広さや、動物達との距離感は(スタッフさん達がなるべく近付かせないようにしてるので)どうぶつ王国より一歩劣る感じです。
見られる動物もほぼ同じですしね。

nihureru60.jpg nihureru61.jpg
でもケープペンギンを間近で見られるのはいいですね。
もはやPPP関係なく日本で見られるペンギンは全種コンプリートしてみたい。


nihureru55.jpg
「わーい!
nihureru56.jpg
たーの
nihureru57.jpg
しー!」

コツメカワウソァ!!!

彼女らはもしかして動物園より水族館の方によく居るのだろうか。


nihureru62.jpg
最後は5分程度のショートフィルムを観て終了。空間アートよりはちょっと面白かったかな。

海遊館とは違い、比較的小型でかつ一風変わった容貌の魚達を集めたミニマムな水族館という印象でした。
「~に触れる」というコンセプトですが、いわゆる触れ合い動物園のようなものとは違うので、
そういう方向を期待するとちょっとガッカリするかも知れませんね。

普段動物系の番組などをほとんど見ない私にとっては未知の生物ばかりで、見た目のインパクト以上の価値はあったと思います。
……ただやっぱり動物見るなら、動物園がいいなとも実感しましたが。

ただ次も多分行くとしたら水族館になるかなあ……。名古屋港水族館に行って「シャチ」が見たいんですよ。
幼少期に観た『フリー・ウィリー』や、『七つの海のティコ』の影響でしょうか。
海の生物で一番好きなのがシャチなので、生でシャチを見るのは私の長年の夢なんです。

あ、もちろん彼も好きですけどね。


nihureru63.jpg
ハリセンボンです。
ではまた次回。


・シャドバ
master01.jpg
ルナの勝ちだよ!
環境変わる前に上がれてよかった。ただいよいよシャドバでやる事無くなってきた気が。


・コメレス
続きからです。

続きを読む

うみのいきもの

(20日から)13連休スタート!
正直、こんな休んじゃったら休み明けからまともに働ける気がしません!

こんばんは、谷です。


・海遊館リベンジ
kaiyuu1.jpg
少し前になりますが海遊館に再チャレンジしてきました。(正面の写真は使い回し)
土曜日だったので混雑を避けるため、割と閉館時間ギリギリに行ったつもりでしたが……。
さすがに世界最大規模の水族館というだけあって、まだまだお客さんも多かったですね。

suizokukan1.jpg suizokukan2.jpg
エントランスからすぐにアクリルガラスで作られたトンネルのエリア。
既にエイやらなにやらが大挙してお出迎えしてくれます。
谷さん魚の名前はさっぱりです。

suizokukan3.jpg
長いエスカレーターを上り、なにやら動物園チックな"日本の森"エリアへ。
今年に入ってからたくさん見てきたよこういう場所は。
と思いつつ下を見ると。

suizokukan4.jpg suizokukan5.jpg
「たーのしー!」

また君らかコツメカワウソァ!!

意外にも海遊館ではプッシュされてるのか、はたまた私が行った時だけだったのかは解りませんが、
チケットやパンフレットの表紙にもコツメカワウソの写真が使われてるんですねー。海遊館フレンズ説
まあ水辺の生き物なら魚に限らず展示されてるようなので、偶然なんでしょうけど。


ここからはモンタレー湾、パナマ湾、タスマン海、エクアドル熱帯雨林、南極など、
世界各地の海や水辺を再現した展示エリアが続きます。
suizokukan6.jpg suizokukan7.jpg
ゴマフアザラシとカリフォルニアアシカ。
横たわる姿がかわいい。

suizokukan60.jpg
ピラルクちょっとでか過ぎです。怖い。
その気になれば人間も食えそう。

suizokukan9.jpg suizokukan10.jpg
ジェンツーペンギン!まさかこんな所で会えるとは!
事前に何がいるか調べてなかったのでちょっと感動しました。
これでフルルに続いてPPP二人目を抑えた事になりますね。

suizokukan11.jpg
ちょっとピンボケですが、奥の黒白のがアデリーペンギンですね。
コラ画像で有名な彼ら。

suizokukan12.jpg suizokukan13.jpg
オウサマペンギン。寝る時に首を折り畳んで嘴を暖めるという習性は聞いてましたが、
生で見ると不安になる畳まれっぷりですね。ソフビ人形みたい。

suizokukan14.jpg
みんな大好きダイオウグソクムシたそ。
証明が暗いから解りにくいですね!

suizokukan15.jpg
カマイルカです。背びれが鎌に見えるからカマイルカ。
水族館の生き物は大体そうなのですが、動物園の生き物達と違って非常にアクティブに動くので撮影が大変難しい……。

suizokukan16.jpg
ハリセンボンです。


suizokukan17.jpg
ここからは太平洋を模したエリア。海遊館の目玉であるアクリルガラスの巨大水槽ですね。
海遊館はこの大水槽を中心に上から螺旋状に下っていく、という観覧ルートになってるんですね。

suizokukan19.jpg suizokukan20.jpg suizokukan21.jpg
海遊館と言えばやはり彼、ジンベエザメです。
現生する魚類の中では最大の種なのですが、そんなに大きくは感じませんでしたね。
と言うか、実際にまだ成長途中なのかな?
体長は成体で約10m前後と聞きましたが、明らかにそれより小さい気がしました。

suizokukan22.jpg suizokukan27.jpg suizokukan28.jpg
エイ達はゆったりと動いてくれるので撮影がしやすいです。
と言うか、他のエリアと違い太平洋の魚たちは全体的にのんびり泳いでる気がします。

suizokukan23.jpg suizokukan24.jpg
まあでものんびりと言っても彼ほどではないでしょうね、マンボウです。
なかなか正面顔を見る事も無いんじゃないでしょうか。思ったより平たいね。

suizokukan29.jpg
ハリセンボンです。


suizokukan26.jpg
いよいよ太平洋エリアも「海底」が近くなってきました。
ハンマーヘッドシャーク……シュモクザメですね。
ちなみにシュモク(撞木)と言うのはお寺なんかで鐘を衝くあの杭みたいな棒の事だそうです。豆。

suizokukan30.jpg suizokukan41.jpg
クセの強いご尊顔です。こういう顔の魚達は好き。

suizokukan32.jpg suizokukan33.jpg
マイワシとカタクチイワシの魚群。
イワシはなんと言うかそのままの形で食う事が多いので……見てると腹が減ってきます。
たたみいわし食べたい。

suizokukan38.jpg suizokukan40.jpg
ウミガメにタカアシガニです。
やはり何度見てもカニってグロテスクな生き物だと思います。
海でアレを見てよく食おうって気になれたな、と。

suizokukan31.jpg
ハリセンボンです。
よく会うね君。


suizokukan35.jpg
ここからは小さい生き物のエリア。まずはタツノオトシゴです。
「メスがオスの身体の中に卵を産み付ける」と言うなかなかロックな習性があるそうな。

suizokukan36.jpg
こういうアクアリウムはちょっと欲しい。

suizokukan37.jpg
チンアナゴです。これまた変な生き物。

suizokukan42.jpg suizokukan43.jpg suizokukan44.jpg
ザ・ジェリーフィッシュ。クラゲ達のエリアです。
ビゼンクラゲの触手はカエンタケみたいですね。

suizokukan45.jpg
これが限界です。撮れないってクリオネなんて。

suizokukan48.jpg
ここからは特別展示のエリア。
個性的な顔の魚達が展示されてる「顔博」です。
最近、地下鉄の広告でよく見かけるヤツですね。

suizokukan49.jpg suizokukan50.jpg
suizokukan52.jpg suizokukan53.jpg
suizokukan56.jpg suizokukan51.jpg
ブサイクな魚、好きです。

suizokukan47.jpg
ラストはこちらも特別展示。「イワトビペンギンだぜ……の、イワビーだ!」
まさかのPPP三人目。あとはコウテイとプリンセスかぁ。
まあ、コウテイペンギンはともかくロイヤルペンギンは実物を見るのはほぼ不可能だけど……。

suizokukan58.jpg suizokukan59.jpg
大阪港に日が沈む。
以上、海遊館レポートでした。楽しかった。

民間経営なだけあって、さすがに公営の動物園よりは遥かに料金はお高めですが、
それでも来場者が楽しめるような展示、企画を多く取り揃えているような印象を受けました。
ただ敷地自体はそれほど広くは無いので、じっくり見るならともかく足早に見ていくなら全部回るのに1時間程度で済むんじゃないかなーと……。
ちなみに私は2時間半かかりました。

あと……動物園以上に水族館はカップルが多いので、男性のお一人様は心を無にして行く必要があるかも知れません。
私は、もう慣れました。


・新劇 感想
既にがっつりレポート書いた後ですが、今回もやりますシンデレラガールズ劇場感想。
どうせ明日も明後日も休みなのさ!ハッハー!(テンションが)

deregeki16.jpg deregeki17.jpg deregeki18.jpg
10話。温泉回再び。
前回あれだけ面白い役どころだったのに急に色気を押し出してくるkwsmさんホントずるい。
年少組はドナに美玲ちゃんに乙倉ちゃん……。結構変わった組み合わせ。
後者二人はアニメ出演は初だね。しかし乙倉ちゃんほんと大きいな。kwsmさんより大きいのか。

deregeki19.jpg
新エンディングはPa組。しんげきのEDの中で一番好きかな。


deregeki20.jpg deregeki21.jpg deregeki22.jpg
11話。あっ……(察し)
これはもう……。

deregeki24.jpg deregeki23.jpg
deregeki25.jpg deregeki27.jpg
『無尽合体キサラギ』の系譜、鋼鉄公演きらりんロボ!
グラッシー帝国……あれ?コスメティア帝国滅ぼされたの?
悪役の上条さん、ハマってます。
全人類にメガネをかけさせるという野望……大丈夫だ、ネコにメガネをかけさせようとした本編よりはずっと理解できる。

deregeki43.jpg deregeki44.jpg deregeki45.jpg
三幹部、『拘束のまゆ』、『グラス ザ ニンジャ あやめ』、『魅惑の奏』
誰一人としてメガネあんま関係ない。
早く荒木せんせぇ辺りにボイスつけようぜ運営ちゃん!


deregeki29.jpg deregeki30.jpg
12話。
振り向きざまにドヤ顔をかます、我らがサチコ・コシミズが満を持して登場しました。
いいぞー!

deregeki35.jpg deregeki32.jpg
ゴーグルとキャップで変装はバッチリと意気込んでますが、肝心の外ハネが隠しきれてない(関係ない)ので即バレる幸子。
いいぞー!

deregeki31.jpg deregeki33.jpg
「いくら変装をしても溢れ出るカワイイオーラは隠せない」とドヤ顔をかます幸子。
いいぞー!

deregeki34.jpg
オチ。セリフにエコーかかるのホント草。
しかしそこには普通苗字を書かないか幸子よ。

幸子が幸子たる所以、この回をチョイスした製作陣は有能ですね。
有名なスカイダイビングとか、急流滑りとか、ああいうのはいわゆる「意外な一面」に過ぎないんです。
周りから何を言われても絶対に揺るがない自分への確たる自信、それが輿水幸子と言うアイドry

deregeki36.jpg deregeki37.jpg
かな子。しんげきでは随分と、こう……大胆な衣装が多いですね?
やっぱりむっちむちです。かな子にボディバターを全身に塗りたくって余す所無く舐め取りたい変態です。(ボディバターとかな子は食品ではありません)

deregeki38.jpg deregeki39.jpg
deregeki40.jpg deregeki41.jpg
ふみふみあざとい。とんでもなくあざとい。
この子をアイドルにスカウトしたPは本当に有能だと思います。

deregeki42.jpg
小刻みに震えながら四つんばいになるシーンは最早誘ってるとしk
私もふみふみを翻弄(意味深)したいです。

さあいよいよ来週で最終回ですね!
……嘘だろ?


・ゲーム製作
滞ってましたが再開しました!
まだ何か語れるほど軌道には乗ってませんが、連休中にがっつりと進めるだけ進みたいと思います!

詳細はまた次回に!


・コメレス

続きからです。

続きを読む

プロフィール

谷

Author:谷
巨乳と貧乳と爆乳と無乳が好きです。

そういう子がえろい目に会うのを
見るのはもっと好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR